「押しボタン式信号機」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
 
== 日本における解説 ==
日本で初めて押しボタン信号機が設置されたのは{{和暦|[[1934}}年]]([[昭和]]9年)[[7月]]で、[[東京市]][[蒲田区]]の国道1号(現在の[[東京都]][[大田区]]の[[国道15号]])の梅屋敷前と六郷郵便局前に設置された<ref>内務省道路改良会発行 『道路の改良』 第16巻第7号(P167) 地方通信『[http://library.jsce.or.jp/Image_DB/mag/dokai/pdf/16-07-0167.pdf 京濱國道の横断信号機]』 1934年(昭和9年)7月</ref>。
 
地域により、歩行者横断要求し時の動作が違う。押しボタン式信号には以下の方式がある。
 
=== 常時幹線青方式 ===
横断要求がい場合には常に車両用信号を青表示にし、押ボタンが押された場合は直ちに黄色→赤色とし、歩行者の横断要求にこたえる。
 
ただし、押ボタンを押したタイミングが車両用青時間の設定値以内の場合は、青時間計時終了後直ちに黄色→赤色となる。また、自動車の流れを妨げぬよう同じ道路上の最寄りの信号機と関連を持たせて、その信号機の表示に合わせるものもある。
 
=== 幹線閃光方式 ===
横断要求がないときは黄色点滅表示である。押しボタンを押すと、直ちに青色表示となり、間隔を置いて黄色→赤色とし、歩行者の横断要求にこたえる。なお、ボタンが押されると青色表示を略して黄色→赤色となるものもある。また、横断を終え歩行者側が赤色になったあと、車両側が青色になり、その後黄色点滅に復帰するもの、また青色表示を略して直ちに黄色点滅に復帰するものがある。青点滅時にボタンを押した場合は、車両側が黄点滅にならず青表示でそのまま変わる。
後者の方式は、[[静岡県]]をはじめ、愛知県・岐阜県・山梨県などの[[中部地方]]を中心に採用されている。また{{要出典範囲|この方式を「'''静岡方式'''」と呼ばれていた事もあった|date=2011年12月}}。中部・近畿・中国・四国地方の一部の府県でのみ見られる。以前は静岡県でも採用していたが、同県では{{和暦|[[2001}}年]]([[平成]]13年)頃から常時幹線青方式への変更が進み、一部を除きあまり見られなくなった<ref>逆に1980年代 - 1990年代前半にかけて常時幹線青方式から幹線閃光方式に変更されたものがあった。</ref>。また、交差側(従道路)にも信号機が設置されて、交差側(従道路)が赤点滅表示のものもあったが、こちらも近年は常時幹線青方式に変更されていて、交差側の信号機は撤去されたか、[[車両感応式信号機]]に変更されている。この方式は愛知県・三重県・滋賀県・広島県で採用されていた。
近年は渋滞や事故の減少のため常時幹線青方式に変更されるケースが多い(道交法では、信号機の灯火表示が黄色点滅の場合は他の交通に注意して進行することができるとされている。そのため、信号機手前で減速し、渋滞や事故が発生する)<ref>[http://www.pref.kagawa.jp/police/koutsuu/oshibotan/ 香川県警察「県内の押しボタン信号機の運用が変わりました」]</ref>。しかし、青色点灯時でも、交差側から車両が飛び出してくることや、黄色点滅から変更されて間もないころではすぐに信号が変わると思いこみ、減速して事故や渋滞が発生する事態も起こっている。
 
設置場所により24時間押ボタン式として動作するものや、特定の時間帯のみ押ボタン式として動作するものがある。後者の場合、昼間は通常の信号機として動作し、交通量の少ない夜間を押ボタン式として動作させる'''夜間押ボタン式信号機'''を採用するところが多い。
 
1990年代後半以降、身障者専用の押ボタンも併設されているところもある。この押ボタンでは、安全にわたことができるよう、通常のものより横断できる時間が長めに設定されている。なお、この押ボタンは押しボタン式以外の信号機に設置されていることもある。
 
一部では[[矢印式信号機]]と組み合わせたものもみられる。