「鈴木俊一 (東京都知事)」の版間の差分

[[1979年東京都知事選挙]]に自民・[[公明党|公明]]・民社・[[新自由クラブ]]4党推薦で出馬し、3選不出馬により勇退する美濃部知事の事実上の後継者であった社共推薦の[[太田薫]][[総評]]議長、[[無所属]]の[[麻生良方]]らを破り、初当選。革新陣営から都政を奪還する。以後、{{和暦|1995}}4月まで、4期16年の長きにわたり[[東京都知事]]を務めた。
 
都知事就任後、鈴木が最初に直面した課題は前任の美濃部が残した膨大な財政赤字の解消だった。鈴木は老人医療費の無料化を廃止するなど、美濃部革新都政の目玉政策だった福祉の大幅な削減や都職員の給与引き下げにより、2期目には都の財政の黒字化を成し遂げる。後に[[長野県知事]]に就任するを務めた[[田中康夫]]は、黒字化を達成するためには相応のことが必要であるにもかかわらず、鈴木の行財政改革についてほとんど批判を見聞きしないことから鈴木都政に関心を持ち、[[週刊文春]]での連載「トーキョー大沈入」でも取り上げている(ただし、取材の時期は3期目にあたる)。田中によると当時の[[中曽根康弘]]首相の余暇の過ごし方を聞いた鈴木の秘書がどうすればスケジュールが空けられるか嘆くほどであったという<ref>[[田中康夫]]『トーキョー大沈入』「東京都知事」、新潮文庫、ISBN 4-40-143404-2</ref>。のちの[[1991年東京都知事選挙]]のさなかに建設が進められていた[[新宿]]の[[東京都庁舎]]が華美ぎるとの批判を鈴木が受けていた時期にも、田中は自著の中で鈴木を擁護している<ref>田中康夫「神なき国のガリバー」 [[扶桑社]]、1991年 ISBN 9784594007911</ref>。
 
しかし3期目以降、都庁舎の丸ノ内から新宿への移転をはじめ、[[東京国際フォーラム]]、[[江戸東京博物館]]、[[東京臨海副都心]]の開発に代表される[[箱物行政]]の推進で多額の起債を発行した結果、都の財政は再び赤字に転じ、美濃部革新都政下の水準にまで悪化した。[[バブル景気]]による地価の高騰やその後の財政悪化を引き起こした点については特に批判が多く、「'''迅速な対応を怠って日本経済を破滅に追い込んだ[[A級戦犯]]筆頭'''」<ref>[[八幡和郎]]『歴代知事三〇〇人 日本全国「現代の殿さま」列伝』[[光文社]]、{{和暦|2007}}[[5月]]、130頁</ref>という批判もある。
8,637

回編集