メインメニューを開く

差分

HE-AAC

1 バイト追加, 6 年前
m
編集の要約なし
HE-AAC では、Coding Technologiesが[[mp3PRO]]で採用している [[Spectral Band Replication]](SBR)技術をAACに組み込むことにより、再生帯域を拡大して主に低ビットレート(128kbps以下<ref name="trev_305-moser"/>)での音質([[圧縮効率]])を大幅に向上させている。これによりHE-AACは、'''MPEG-4 AAC Plus SBR'''や、Coding Technologiesの登録商標である'''aacPlus'''などの名称でも呼ばれている。
 
HE-AAC v2 では、さらなる低ビットレート (48kbps以下<ref name="trev_305-moser"/>)で音質を改善している。'''aacPlus v2''' や '''eAAC+''' といった商標名で呼ばれることもある
 
[[iTunes]] 9以降、[[Winamp]]、[[SonicStage]]等で無料でエンコードが可能である。また『[[着うたフル]]』に使用されている[[コーデック]]としても有名。
高音域と中低音を分離した結果、「48kbps程度のレートでCDの音質を実現している」とされる。48kbpsで[[音質|MUSHRA]]が80点 (Excellent) である。24kbpsでは HE-AAC v2 で Good である。<!-- が、一方では「それ以上はビットレートを上げても大して音質が向上しない」性質も併せ持つ。-->全てのビットレートで AAC < HE-AAC v1 < HE-AAC v2 と音質が改善されている。
 
また、高音域の成分が複雑に入っている音は高音域のノイズが目立ちにくいが、高音域の成分がある程度単調な音ではノイズが乗っているように聞こえることがある(これはSBRの特徴であり、ビットレートを上げてもそれほど改善しない)。したがって、再生帯域の幅が狭い[[J-POP]]や[[演歌]]を含む[[歌謡曲]]、[[ハードロック]]、[[トランス (音楽)|トランス]]などに向いているが、一方で再生帯域の幅が広い[[ジャズ]]や[[クラシック音楽|クラシック]]などには不向きである
 
したがって、再生帯域の幅が狭い[[J-POP]]や[[演歌]]を含む[[歌謡曲]]、[[ハードロック]]、[[トランス (音楽)|トランス]]などに向いているが、一方で再生帯域の幅が広い[[ジャズ]]や[[クラシック音楽|クラシック]]などには不向きである。
 
2004年のマルチチャンネルのテストでは、HE-AAC 160kbps は [[ドルビーデジタル]] AC-3 384kbps や [[Windows Media Audio]] 192kbps をほとんどのケースで音質([[平均オピニオン評点]])で上回っている<ref name="trev_305-moser">[http://tech.ebu.ch/docs/techreview/trev_305-moser.pdf MPEG-4 HE-AAC v2 - EBU TECHNICAL REVIEW – January 2006]</ref>。
7,353

回編集