「片岡仁左衛門 (11代目)」の版間の差分

 
<!--[[市川團十郎 (9代目)|九代目市川團十郎]]が関西で芝居を行った際、上方の主だった役者が團十郎に同座する中、仁左衛門だけは同座せず、一人、無人芝居に加わり、劇場の前で「大敵とて恐るるなかれ。小敵とて侮るなかれ」と大書した幟を立てて、士気を鼓舞するなど、負けず嫌いな面もあれば、-->そうした反面、自らも幼くして父という後ろ盾を失い恵まれない環境から大成した人物であるだけに、立場の弱い者には損得勘定抜きで援助するという義侠心に富む面もあり、自身と同様に父と死に別れた[[實川延若 (2代目)|二代目實川延若]]や[[澤村宗十郎 (7代目)|七代目澤村宗十郎]]に特に目を掛け、鍛えて引き立てて大成させたのも十一代目の功績である。また晩年は、息子の千代之助(のちの十三代目仁左衛門)に「決して争ったらあかんで。」と戒めたり、九代目團十郎が、再三にわたる挑発に応じないで受け流していた度量の大きさに感服して、彼の墓参りを欠かせなかった程、人間的に円熟味を増していた。
 
研究熱心な面もあり、「[[摂州合邦辻]]」の「庵室」の一段はそっくり暗記しており、一般客相手にじっくりと浄瑠璃を聴かせて感動させるほどの腕前であった。でも、それが高じて失敗することもあった。あるとき、玉手御前を演じる三代目雀右衛門に「なあ、京屋、合邦庵室をやるなら院本(浄瑠璃本)どうりにやってみよか。」と[[文楽]]による原作尊重の演出を呼び掛けたが、雀右衛門に謝絶され立腹。舞台でほとんど演技をせず最後の割台詞では、後見にいた[[食満南北]]から脚本を取り上げ、「ええっと・・・なんや読みにくい字やなあ・・・『東門通りをまっすぐに』か。」と読み上げて芝居を壊してしまう事件を起こした。
 
[[片岡仁左衛門 (13代目)|十三代目片岡仁左衛門]]は、その著書『仁左衛門楽我記』の中で次のように述懐している:「あれは父のなくなる前の年でしたか、父が近々引退するらしいと言ううわさがたったことがありました。それを大阪で聞いたおじさん(初代鴈治郎)は、(中略)すぐその足で明舟町の家へ来られ『引退するてほんまか。引退なんかしたらあかん。体もよわるし、今からやめてどうするのや。もっともっと働いてくれな、どもならん』とまるで怒っているような語気で父に説いていられた姿が、今もまぶたに残っています。『せえへん、せえへん』と笑いながら答える父に、やっと安どしたように四方山の話をして、定宿の築地の細川に帰られたのは十時近かったと思います」(昭和57年、三月書房)
匿名利用者