「フィリベール・コメルソン」の版間の差分

編集の要約なし
[[File:Commerson Philibert 1727-1773.png|thumb|Philibert Commerson]]
'''フィリベール・コメルソン'''(Philibert Commerçon または Commerson、[[1727年]][[11月18日]] – [[1773年]][[3月13日]])は、[[フランス王国|フランス]]の[[植物学者]]、[[博物学者]]である。[[ルイ・アントワーヌ・ド・ブーガンヴィル]]の[[世界一周]][[探検船]]に乗船し、[[植物]]を採集したことで知られる。
 
==生涯==
[[シャティオン・シュル・シャラロンヌ]]に生まれた。若い頃に植物学に興味を持ち、[[クリュニー]]の[[ベネディクト派]]のカレッジで学んだ後、1737年に[[モンペリエ]]の[[医学部]]に学んだ。珍しい植物に対する情熱は、[[植物園]]から植物を盗みだすこともあった。1754年に[[モンペリエ大学]]から[[医者]]の資格を得た。
 
フランスやヨーロッパで[[薬草]]などの採集の旅を行い、[[地中海]]の魚や魚類の著書を書き、これは[[カール・フォン・リンネ]]の知ることになった。1760年に[[公証人]]の娘と結婚したが、妻は1762年に出産の時に没した。
 
1768年のルイ・アントワーヌ・ド・ブーガンヴィルの世界一周探検航海に、[[天文学者]]、[[ジェローム・ラランド]]の推薦で博物学者として乗り込んだ。伴った従者の[[ジャンヌ・バレ]]は男装して船に乗り込んだ女性で、後にさまざまな文学作品などに取り上げられた。寄航した各地で植物採集を行い、コメルソンが発見した植物は60の新しい属、3000種にのぼった<ref>『プラントハンター<small>ヨーロッパの植物熱と日本</small>』[[白幡洋三郎]](著)[[講談社]] (1994年)ISBN 4062580063</ref>。その中には、探検隊長の名前をつけたブーゲンビリアもある。1768年に旧名フランス島(現在のフランス名モーリス島、[[モーリシャス]]諸島)で、植民地監督官で植物収集家のピエール・ポワブル(Pierre Poivre)と出会い、ブーガンヴィルの探検隊から離れ、胡椒の栽培種を探す、フィリピンや東南アジアの探検に、ピエール・ソネラ(Pierre Sonnerat)ともに参加した。1773年に[[マダガスカル島]]で植物研究を行った後、モーリシャスで46歳で没した。
 
アオギリ科(sterculiaceae)のコマーソニア・プルチェラ (Commersonia pulchella)などに献名されている。
==参考文献==
<references />
 
{{DEFAULTSORT:こめるそん ふいりへえる}}
[[Category:フランスの植物学者]]
[[Category:フランスの博物学者]]
[[Category:フランスの医師]]
[[Category:プラントハンター]]
[[Category:1727年生]]
[[Category:1773年没]]
37,316

回編集