「運動 (物理学)」の版間の差分

運動の本質についての記述の追加
m (r2.7.2+) (ロボットによる 変更: uk:Рух (Механіка))
(運動の本質についての記述の追加)
{{古典力学}}
[[Image:Leaving Yongsan Station.jpg|300px|thumb|right|運動は位置の変化を伴う]]
物理学における'''運動'''(Motion)とは、[[物体]]の参照系との位置関係が変化することと定義され、これはある参照系にいる観察者によって測定される。17世紀なお、ある一つ末に[[アイザック・ニュートン]]は[[プリンキピア]]の中運動が可能あったならば[[古典力学]]それと同じ状態を逆原理、前提とな順序で経過す[[運動の法則]]について記述したも可能であると考えられるニュートン(時間古典力学等方性による時間反転)<ref> L.D.ランダウ運動している物体の軌跡や受けているE.M.リフシッツ『学・場計算は理論[[ランダウ・リフシッツ物理学者]]が高速の現象を観察できるようになる小教程』水戸 巌、恒藤敏彦、廣重 徹 訳、筑摩書房(ちくではとても上手くいっていた。学芸文庫)、2008年、27頁
</ref>。
 
17世紀の末に[[アイザック・ニュートン]]は[[プリンキピア]]の中で、[[古典力学]]の原理、前提となる[[運動の法則]]について記述した。ニュートンの古典力学による、運動している物体の軌跡や受けている力の計算は、[[物理学者]]が高速の現象を観察できるようになるまではとても上手くいっていた。
 
しかし高速運動になると、古典力学の方程式では正しい値を計算できない。これらの問題を解決する手段として、[[アンリ・ポアンカレ]]と[[アルバート・アインシュタイン]]が考えた運動の基礎的な現象に関するアイデアはニュートン力学に代わるものだった。ニュートンの運動の法則が、方程式の中で空間や時間を絶対的なものとしているのに対して、[[特殊相対性理論]]と呼ばれるアインシュタインとポアンカレのモデルでは、[[空間]]や[[時間]]を任意のゼロ点とした。特殊相対性理論では[[光速]]に近い極めて高速の現象も扱えることから、特殊相対性理論は([[重力]]を無視するとすれば)物体の運動を正確に記述できるモデルとして受け入れられている。しかし現実には、特殊相対性理論よりもニュートンの運動の方程式の方がずっと単純で計算しやすいため、物理学や工学で今でも用いられている。
==運動の種類==
[[振り子]]は、常に中心に向かって加速する[[単振動]]運動をする。他の種類の運動には、直線運動や往復運動がある。自然界での運動としては、[[ブラウン運動]]や[[惑星]]の周回運動がある。
 
==脚注==
<references />
 
[[Category:物理学|うんどう]]
572

回編集