「ダン池田」の版間の差分

編集の要約なし
'''ダン池田'''(だん いけだ、本名・池田 啓助、[[1935年]][[4月11日]]- [[2007年]][[12月25日]])は、[[日本]]の[[バンドマスター]]・[[指揮者]]・[[タレント]]。
 
== 歴・人物 ==
[[1935年]][[4月11日]]、旧[[朝鮮]][[京城]](現[[ソウル特別市|ソウル]])生まれ、終戦と同時に日本へ引き揚げた日本人である<ref>[http://www9.ocn.ne.jp/~r-minato/tiiki/rumoi10.html 留萌が産んだ著名人、有名人]</ref>。
 
芸名の「ダン」は、[[生徒会長]]を務めていた高校時代、好きな女子と手を繋ぎたいがために[[フォークダンス]]を開催し、「ダンス」と「啓助」をつなげた「ダン助」という[[あだ名]]がついたことに由来するという。
[[留萌高等学校]]を経て[[長野県松代高等学校]]卒業、[[中央大学]][[経済学部]]を中退している。
 
中央大学在学中からプロのバンド活動を開始。その後、事務員を務めていたらしい
== 芸能歴 ==
中央大学在学中からプロのバンド活動を開始。その後、事務員を務めていたらしい。
 
[[1969年]]、「ダン池田とニューブリード」を結成し、フジテレビ系「[[夜のヒットスタジオ]]」のカラー放送開始と同時に専属のバンドとして番組に抜擢される。
 
以後、夜ヒットと同じくフジテレビ系の「[[オールスター家族対抗歌合戦]]」・「[[スターどっきりマル秘報告]]」・「オールスター水泳大会」、「[[ズバリ!当てましょう]]」(第2期のステレオ放送開始以降)、[[日本放送協会|NHK]]の「[[ひるのプレゼント]]」など主にフジテレビ・NHKの音楽番組を中心に活躍(フジの専属契約のため紅白を除き[[ザ・ベストテン]]等には出演していない)
(フジの専属契約のため紅白を除き[[ザ・ベストテン]]等には出演していない)。
 
「[[NHK紅白歌合戦]]」では[[1972年]]~[[1984年]]まで指揮者を務めた(尚、[[1974年]]のみは[[原信夫]]とシャープス&フラッツが演奏を担当したため、10回紅組の指揮を担当した。831983年から紅白でバンドが分かれなくなり831983年・841984年は両軍の演奏を担当した)。
 
== スキャンダルによる引退 ==
[[1985年]][[3月25日]]に月曜日放送の1時間版の「夜のヒットスタジオ」が最終回を迎えたのを区切りにバンドマスターを降板。理由は体調面・金銭面等を原因としている。
 
「夜のヒットスタジオ」が放送時間帯を移動して、2時間の拡大版(月曜日22時00分~22時55分から水曜日21時00分~22時55分に変更になった)が決まった時点で降板を決意したとダン池田は述べている。
 
「紅白歌合戦」と「夜のヒットスタジオ」以外の仕事は続けていた池田だったが、同年の[[11月]]には、次第にテレビの音楽番組から生演奏がなくなっていく風潮に怒りを込めて、告発本『芸能界本日モ反省ノ色ナシ』(第1弾・第2弾)を[[はまの出版]]から上梓。自分の1年間の日記をまとめた物だが、ヒットスタジオの司会[[井上順]]・[[芳村真理]]を始め、[[田原俊彦]]、[[松田聖子]]など共演タレント達の愚痴や悪口(“[[近藤真彦]]の「[[愚か者]]」がレコ大本賞なんてあり得ない”など)、名は明かされず「あのコ」とのみ表記されていた、自分が推す某女性[[アイドル]]の動静を綴った内容が話題になり、70万部の[[ベストセラー]]になった一方で辛辣な表現もあったことから暴露本と騒がれ、半ば追放される形で芸能界を引退した。
 
池田降板後、「ニューブリード」のバンドマスターは、元[[ブルーコメッツ]]の[[小田啓義]]・[[三原綱木]]に交代した。のち「ザ・ニューブリード」に名称を変更し、現在も「[[NHK歌謡コンサート]]」や「NHK紅白歌合戦」、「[[NHKのど自慢]]チャンピオン大会」などで活躍中である。
 
== 引退後 ==
晩年の池田には単発での仕事しかなくなり、芸能事務所を設立してデュオの演歌歌手をデビューさせたが失敗。表舞台に出る機会が減っていった。
 
[[1997年]]当時、埼玉県で開業した「ダン池田の店」でマスターをつとめていた。
 
[[2007年]][[12月25日]]、急性[[呼吸不全]]のため死去。{{没[[享齢|1935|4|11|2007|12|25}}]]72。近親者のみで[[密葬]]を済ませ、「故人の遺志で静かに眠らせてあげたかった」との遺族の意向から、訃報は死去から約2カ月後の[[2008年]][[2月21日]]に公表された。
 
==注==
<references/>
 
匿名利用者