「道慈」の版間の差分

編集の要約なし
(カテゴリ移動)
'''道慈'''(どうじ、生年不詳 - [[天平]]16年[[10月2日 (旧暦)|10月2日]]([[744年]][[11月14日]]))は、[[奈良時代]]の[[三論宗]]の[[僧]]。俗姓は額田氏。[[大和国]][[添下郡]]の出身。
 
[[702年]]([[大宝 (日本)|大宝]]2年)[[唐]]へ渡り、[[西明寺 (西安市)|西明寺]]に住して三論に通じて、[[仁王般若経]]を講ずる高僧100人のうちに一人に選ばれた。[[718年]]([[養老]]2年)帰朝し、日本三論宗の第3伝とされる。翌[[719年]](養老3年)その有徳を賞されて食封50戸を賜った。[[729年]](天平元年)律師に任じられ、大安寺を平城京へ移設することに尽力している。[[735年]](天平8年)扶翼童子6人を付与された。翌[[736年]](天平9年)[[大安寺]]大般若経転読会を始め、739年(天平12年)には[[大極殿]][[最勝王経]]講説の講師をつとめた。「[[日本書紀]]」の編纂にも関与し、「愚志」を著して当時の仏教界を批判した。また、漢詩にもすぐれ、「[[懐風藻]]」に入集している
 
大宝の遣唐使として43年ぶりに入唐を果たした道慈は、帰国後に『愚志』という書物を著して、唐と異なり教典に従っていないことが多い日本の仏教界を批判し、僧尼の質を向上させるために[[戒師]]を唐から招請することを提案した。戒師の招請は[[天平勝宝]]の遣唐使が帰還する際に、日本に渡ることを承諾した[[鑑真]]の来日によって実現することになる。
 
また、「[[日本書紀]]」の編纂にも関与し、漢詩にも優れ「[[懐風藻]]」に入集している。
 
{{DEFAULTSORT:とうし}}
250

回編集