「弁正」の版間の差分

m
編集の要約なし
(links,typo)
m
少年の頃に[[出家]]し、[[玄学]]にすぐれていた。
 
[[大宝 (日本)|大宝]]2年([[702年]])留学僧として[[遣唐使]]に加わり入唐。唐では、[[囲碁]]を能くするとして、まだ[[皇子]]であった[[玄宗 (唐)|李隆基]](玄宗)によってたびたび賞遇された。その後、[[還俗]]し、唐人の女性と婚姻したと想定され、息子の秦朝慶と秦朝元を儲けている。秦朝元は遣唐使とともに来日したが、弁正と秦朝慶は唐の地で没した。
 
『[[懐風藻]]』に弁正による[[漢詩]]が残っている。また、[[故宮博物館]]に収蔵されている『明皇会棋図』は李隆基と弁正の対局をテーマにした作品であるという説がある。
250

回編集