メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
|種類 = [[財団法人]]
|市場情報 =
|略称 = YAMAHAYMFヤマハ振興会
|国籍 = {{JPN}}
|郵便番号 = 153-8666
|統一金融機関コード =
|SWIFTコード =
|事業内容 =
|事業内容 = 音楽教室運営、アーティストの発掘・育成、音楽出版事業
|代表者 = 理事長 伊藤 修二
|資本金 =
}}
 
'''一般財団法人ヤマハ音楽振興会'''(ヤマハおんがくしんこうかい、''YAMAHA MUSIC FOUNDATION'')は、[[音楽]]の[[教育]]と普及を主目的に、[[楽器]]メーカー大手の[[ヤマハ]]によって創設された[[財団法人]]。主たる事務所は[[東京都]][[目黒区]]下目黒3丁目24番22号(通称:目黒区大鳥神社の隣)
 
== 概要 ==
日本全国に音楽教室を運営するほか、「[[ヤマハポピュラーソングコンテスト|ポピュラーソングコンテスト]](ポプコン)」「[[世界歌謡祭]]」「[[TEENS' MUSIC FESTIVAL]]」「[[MUSIC REVOLUTION]]」(旧「ヤマハボーカルオーディション ザ・デビュー」)などで[[アーティスト]]の発掘・育成を行い、かつては音楽出版事業・アーティストの[[芸能事務所|マネージメント]]業務も手がけていた(現在の音楽出版事業―[[著作権]]と[[原盤権]]―およびマネージメント業務は[[ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス|ヤマハミュージックパブリッシングとヤマハミュージックアーティスト]]に委譲)。
[[音楽]]の[[教育]]と普及を主目的に設立。「ヤマハ音楽教育システム」「ヤマハグレード」を企画し、日本各地の「'''ヤマハ音楽教室'''」を通じて[[ピアノ]]・[[エレクトーン]]を中心とした楽器演奏者の拡大に努めるほか、「[[ヤマハポピュラーソングコンテスト|ポピュラーソングコンテスト]](ポプコン)」「[[世界歌謡祭]]」「[[TEENS' MUSIC FESTIVAL]]」「[[MUSIC REVOLUTION]]」(旧「ヤマハボーカルオーディション ザ・デビュー」)などのコンクールを通じて[[プロ]][[アーティスト]]([[歌手]]・[[作曲家]]・[[演奏家]]の発掘・育成を行っている。
 
かつてはコンテストで発掘しメジャーデビューしたアーティストの[[芸能事務所|マネージメント]]と付随する[[音楽出版]]業務も担っていたが、2008年にヤマハ子会社の[[ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス|ヤマハミュージックパブリッシングとヤマハミュージックアーティスト]]に委譲した。
 
また、関連施設として、「[[ヤマハリゾートつま恋|つま恋ミュージックガーデン]]」([[静岡県]][[掛川市]])、「[[合歓の郷]]ミュージックキャンプ」([[三重県]][[志摩市]])などがある。
 
== ヤマハ音楽教室 ==
1954年に設立母体の日本楽器([[ヤマハ]])が[[ヤマハ銀座ビル]]内でオルガンを対象に開講した「音楽教室」の開設が前身であり(1959年に「ヤマハ音楽教室」となる)、当財団は「ヤマハ音楽教育システム」という講座の核となるカリキュラムの策定、講師養成などを担う(ヤマハ本体は全体運営を統括する立場にある)。実際の教室運営は後述の直営音楽センター以外はヤマハグループの楽器販売子会社或いは各地の特約店(独立資本の楽器店)による[[フランチャイズ]]経営となっている。
ヤマハ音楽教室は以下の8ヶ所の直営音楽センター以外は全てフランチャイズによる提携及びヤマハの関連会社による管理である。
 
1990年代以降は、1歳児から小中学生程度を対象とした音楽レッスンの「'''ヤマハ音楽教室'''」、趣味的な演奏スキルを習得したい青年層以上を対象とする「'''ヤマハ大人の音楽レッスン'''(PMS=ポピュラーミュージックスクール=)」に大別される。「ヤマハ音楽教育システム」と当財団が発行するシステム教材(楽譜)に基づいてグループレッスンを受講し、上達度に応じて次のコースへステップアップして行く形式を採っている。教室によっては独自のマンツーマンによる個人レッスンを設定している場合もある。また、高度な鍵盤演奏技術の習得を目指す音楽教室の在籍・修了生対象の「ヤマハマスタークラス」が直営センターにて開講している。
日本全国でも8ヶ所のみの直営音楽センターは、財団の直営であることから全国の音楽教室の中でも特に重点的に置かれ、設備やコースが整っている。センター内独自の音楽発表会も行われている。
 
なお、講座の指導者は「ヤマハ音楽教育システム講師」と言い、一定の演奏グレード保有者でかつ講師資格試験に合格した者が当財団と[[業務委託]]契約を締結し、財団が指定した教室を担当する[[個人事業主]]形態となっている。
 
== ヤマハグレード ==
<!--===演奏グレード===
===指導者グレード===-->
{{節スタブ}}
== ヤマハ英語教室 ==
ヤマハ音楽教室のノウハウを応用し、幼児から小学生までを対象としたグループ[[英会話教室]]として「ヤマハ英語教室」を各地の音楽教室の一部で開講している。
 
== 音楽センター ==
日本全国でも8ヶ所のみの当財団直営音楽センターは、財団の直営であることから全国の音楽教室の中でも特に重点的に置かれ、設備やコースが整っている。センター内独自の音楽発表会も行われている。
* ヤマハ札幌センター
* ヤマハ仙台センター
* ヤマハなんばセンター
* ヤマハ西新センター
:ヤマハ四ッ池センターは2006年5月に「ヤマハミュージック東海 浜松中央センター」、ヤマハ仙台センターは2008年5月に「ヤマハミュージック東北仙台センター」となる)り、ヤマハグループが教室を承継した。
 
== ヤマハ音楽院 ==
(ヤマハ四ッ池センターは2006年5月に「ヤマハミュージック東海 浜松中央センター」となる)
{{see|ヤマハ音楽院}}
(ヤマハ仙台センターは2008年5月に「ヤマハミュージック東北仙台センター」となる)
== 出版事業 ==
音楽教室・英語教室のシステム教材の制作・発行のほか、[[エレクトーン]]の総合情報雑誌である「[[月刊エレクトーン]]」、「みんなのオルガン・ピアノの本」シリーズといった音楽[[教則本]]などを出版している。一般的な楽譜はヤマハグループのヤマハミュージックメディアが制作・発行している。
 
== 主催イベント ==
==スポンサー、冠スポンサーについていた番組==
*ジュニアオリジナルコンサート
*エレクトーンコンクール
*ヤマハ・ガラ・コンサート
 
*[[TEENS' MUSIC FESTIVAL]]
*[[ヤマハポピュラーソングコンテスト|ポピュラーソングコンテスト]](ポプコン)
*[[MUSIC REVOLUTION]](旧:ヤマハボーカルオーディション ザ・デビュー)
*[[世界歌謡祭]]
 
== 所属演奏家 ==
{{節スタブ}}
=== エレクトーンプレイヤー ===
{{see|エレクトーン#ヤマハ音楽振興会所属のプレイヤー}}
 
== 所属していたアーティスト ==
以下の歌手・ミュージシャンは[[ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス|ヤマハミュージックアーティスト]]へ転籍した。
*[[中島みゆき]]
*[[谷山浩子]]
*[[中田ヤスタカ]]
*[[手嶌葵]]
*[[ピース (ミュージシャン)|ピース]]
 
2008年以前に脱退したアーティスト
{{節スタブ}}
*[[拝郷メイコ]]
*[[久松史奈]]
*[[0930]]
*[[CHAGE&ASKA]]
 
==スポンサー、冠スポンサーについていた番組==
*[[JNN報道特集]]([[TBSテレビ|TBS]])
*[[みゅーじん]]([[テレビ東京]])
[[Category:一般財団法人]]
[[Category:日本の音楽教室]]
 
[[en:Yamaha Music Foundation]]
[[de:Yamaha Music Foundation]]
6,589

回編集