「煮びたし」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 作り方 ==
醤油やみりん、料理酒などで薄味をつけた出汁(市販の[[白だし]]を薄めて使用してもよい)を鍋で熱し、食材を単品または、[[油揚げ]]や[[厚揚げ]]、干し[[エビ]]などとともに入れ、軽く火を通したのち、そのまま置いて冷ます。沸騰させると出汁の香りが飛ぶので、沸かし過ぎないよう火加減に注意。
 
== 煮びたしの材料の例 ==
*[[小松菜]]、[[チンゲンサイ]]、[[水菜]][[キャベツ]]などの葉物野菜いずれも火を通しすぎると食感が損なわれ色も悪くなるので、煮すぎないように気を付ける
**[[ホウレンソウ]]はもともと歯ごたえのある野菜ではないので、煮びたしにはあまり向かない。用いる場合は、生食用以外は生の状態では[[シュウ酸]]を含むため用いる場合は下茹でが必要する
**[[クレソン]]のように強い芳香を持つ野菜はあまり用いない。
*[[もやし]]
**[[ナス]](皮を剥く) ナスの場合、皮付きのまま素揚げしてつゆに浸した物を「煮びたし」と呼ぶ場合がある。詳しくは[[おひたし]]の項目を参照のこと。
*[[ナス]](皮を剥く)
*[[アユ|鮎]](軽く素焼きした鮎を煮汁をたっぷり含むように煮る。梅干しを加えることもある)。他に[[フナ]]、[[アジ]]等もあるが近年ではあまり見られない
**ナスの場合、皮付きのまま素揚げしてつゆに浸した物を「煮びたし」と呼ぶ場合がある。詳しくは[[おひたし]]の項目を参照のこと。
*[[アユ|鮎]](軽く素焼きした鮎を煮汁をたっぷり含むように煮る。梅干しを加えることもある)。他に[[フナ]]、[[アジ]]等もあるが近年ではあまり見られない
 
== 他の煮物との相違 ==
煮びたしは、[[おひたし]]または[[含め煮]]の一種だが、茹でてから出汁をかければ「お浸し」、出汁で煮れば「煮浸し」。出汁で煮るため、茄子や厚揚げなど、単に茹でて出汁をかけるだけでは味が染みこまない食材も利用できる。
 
 
「出汁で煮る」という点で[[煮物]]と煮びたしは共通するが、長時間煮込まず、野菜の食感が残るように薄い味付けで軽く煮る。従って、[[大根]]のように味をじっくり含ませるタイプの野菜は用いない。
1,632

回編集