メインメニューを開く

差分

m
編集の要約なし
[[1831年]]、カポディトリアスはマニ半島の有力者ペトロス・マヴロミハルスを反乱の疑いで投獄した。これに反発したマヴロミハルス家の一族二人により、カポディストリアスは1831年10月9日ナフプリオの聖スピリドナス教会で暗殺された。後任の大統領には彼の弟である[[アウグスティノス・カポディストリアス]]が就任したが、数ヶ月後、列強諸国によりギリシャには王制が導入され[[バイエルン王国]]の王子が[[オソン1世]]として王位に就くことになった。また、[[1832年]]には[[コンスタンティノープル条約 (1832年)|コンスタンティノープル条約]]がオスマン帝国との間に結ばれ、独立時のギリシャの領域が確定した。
 
カポディストリアは現在のギリシャでも大きな尊敬を集めている。アテネ大学の正式名称は、カポディストリアコン=パネピスティーミオン=トン=アシノンであり、旧500[[ドラクマ]]紙幣、現在の20レプタ(ユーロセント)硬貨には彼の肖像が掲げられ、1990年代後半の地方制度改革には彼の名が用いられた。
 
<dl class="toccolours" style="position:relative;width:90%;margin:0.5em auto;padding:0.5em;clear:both">
[[Category:帝政ロシアの政治家]]
[[Category:暗殺された人物]]
[[Category:ギリシャ・ドラクマ紙幣の人物]]
[[Category:1776年生]]
[[Category:1831年没]]
17,262

回編集