「ゴードン・オールポート」の版間の差分

編集の要約なし
'''ゴードン・オールポート'''(Gordon Willard Allport, [[1897年]][[11月11日]] - [[1967年]][[10月9日]])は、[[アメリカ合衆国]]の[[心理学者]]。兄[[フロイド・オルポート]]も心理学者である。[[インディアナ州]]モンテズマに生まれる。彼の仕事著作には、『人格の形成、パターン、そして成長―人格心理学のための基礎的考察』 (''Becoming,: Basic Considerations Patternfor anda GrowthPsychology inof Personality'') や『個人とその宗教』 (''The Individual and his Religion'') がある。
 
オールポートは、[[パーソナリティ]]の[[特性論]]者とみなされており、個人のパーソナリティの中でとりわけ優勢な特性とは何かといった議論を主に展開している。つまるところパーソナリティの発達の中で大きな役割を果たしている特性の研究が彼の中心的な関心事である。パーソナリティというものが顕著な力となっていくとき、それはなかんずくとりわけ基礎特性によるところが大きい。中心的な特性と基礎特性は、環境因子によって大きく左右される。
 
彼が[[ハーバード大学]]にいた時分、彼は将来のPh.D候補たちを数多く教え、その中には[[スタンレー・ミルグラム]]もいた。
匿名利用者