「太陽系家族写真」の版間の差分

m
1990年2月14日、[[ボイジャー1号]]が太陽からおよそ60億キロ離れた地点から家族写真([[ポートレイト|ポートレート]])を撮影した。これが史上初の試みである。
 
39枚の写真からなり、これはボイジャー両機によって撮影された最後の写真となった。[[地球]]を指す「{{仮リンク|[[ペイル・ブルー・ドット|en|Pale Blue Dot}}]](薄い青い点)」という言葉は、この時に撮影された地球の姿が基となっている。[[ボイジャー計画]]の画像チームの一員で天文学者の[[カール・セーガン]]は、この撮影計画を実現するために何年も活動を行った。
 
[[File:Family portrait (Voyager 1).png|center|thumb|800px|ボイジャー1号によって撮影された、太陽系の「家族写真」(ポートレート)。]]
32,832

回編集