「UART」の版間の差分

Z80SCCの記述追加。
(Z80SCCの記述追加。)
代表的なUARTとしては、[[ナショナル セミコンダクター]]の開発した'''[[16550 UART|16550A]]'''がある。[[IBM]]の発売した[[PC/AT]]では、'''16450'''というUARTが採用されたが、これに[[FIFO]]を内蔵したものが'''16550A'''である。現在でも[[PC/AT互換機]]の[[シリアルポート]]では、'''16550A'''と互換性のあるUARTが使用されている。'''16450'''と互換性を保つため基準発振周波数1.8432MHzな最大通信速度115.2kbpsが標準だが、この基準発振周波数を変更するか、互換性のある拡張機能を使用する事により、より高速なデータ通信速度が設定できるUARTが多い。'''16550A'''からの拡張機能を使う事で、'''16950'''系で460.8kbps、'''16750'''系で921.6kbpsなどと、'''16550A'''と速度設定条件の互換性を保ったまま高速化できる。拡張機能を使わず基準発振周波数のみ最大周波数を供給する事で、'''16550A'''に8MHzで0.5Mbps、'''16550AF'''に24MHzで1.5Mbps、'''OX16C950B'''に60MHzで3.75Mbpsなどと、ソフトウェア制御設定を変えずに高速化できる。拡張機能を使い基準発振周波数を最大にする事で、'''OX16C950B'''に60MHzで15Mbps、'''XR16M255x''' & '''XR16M265x''' & '''XR20M117x''' & '''XR20V217x''' シリーズに64MHzで16Mbpsなどと、高速化できる。'''16550A'''との互換性を無くし、更に高速化したUARTもある。
 
'''16550'''より以前に存在していた'''[[インテル]] 8250'''も広く使われていた。[[Z80]]ファミリではZ80 SIO('''Z84C40''')やZ80 SCC('''Z85C30''')が存在する。Z80SCCはサンマイクロ社をはじめとする多くのUNIXワークステーションで使われた
 
[[組み込みシステム]]向けの[[マイクロコントローラ]]では、UARTまたはUSARTは内蔵していない品種を探す方が難しいほど一般的なペリフェラルである。例として、[[フリースケール]]や[[ルネサス エレクトロニクス]]では、SCI(Serial Communication Interface)という名前でUSARTの機能が内蔵されている。現在でも、8〜16bitのローコストのマイクロコントローラではUSARTが唯一の通信インタフェースであることも多いが、一方で[[パーソナルコンピュータ]]ではシリアルポートを搭載しない機種が大勢を占めるようになった。このため、このようなマイクロコントローラとパーソナルコンピュータ間でデータ通信を行うために、市販の[[Universal Serial Bus|USB]]-シリアル変換ケーブルがよく用いられる。
 
== UARTの原型 ==
[[ディジタル・イクイップメント・コーポレーション|DEC]]社の[[ミニコンピュータ]]に使われたテレタイプライター[[ASR-33]]は一個だけの円盤状[[ディストリビュータ]]<ref>[http://www.flickr.com/photos/twylo/128712274/in/photostream/ ASR-33のディストリビュータ(分配器)写真(手前)];スタート、情報8ビット、ストップの計10本線の信号が回転によって直列・並列変換される。接触圧力が偏在しないように時計の12時4時8時の3位置に摺動子が配置される。写真は「ストップ」信号の位置。</ref>に'''摺動子'''を回転させ直列・並列相互変換を行い四線式非同期(調歩同期/スタート・ストップ方式、20mA 電流ループ)[[半二重]]通信方式でつながった。DEC社のコンピュータ側のこの変換機能に相応するのは発振器を搭載したエラー検出機能のない[[トランジスタ]]による簡素な独自回路の専用'''モジュール'''(フリップチップモジュール)であり、ジャンパー線で通信速度110[[ビット毎秒|bps]]と300bpsを選べ、初期のUARTはクロックと通信速度選択入力を除けばその基本的回路機能をそのまま踏襲IC化したものである。以後USART、[[SDLC]]/[[HDLC]]や[[TCP/IP]]などの直列転送のIC回路や通信制御[[プロトコル]]へと進化してゆく。
 
== UARTが検出するエラー ==
21

回編集