「ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」の版間の差分

:アルヌス協同組合の食堂で働くヴォーリアバニー。フォルマル伯爵家の密偵であったが、テューレの策略により紀子殺害の命を実行するも失敗する。
;ディアボ
:ゾルザルの弟、ピニャの兄に当たる、帝国の第二皇子。ゾルザルと違い、知性派を自認している。無能ではないが、本人が思っているほど切れ者でもない
:確かに人並み以上の知性は持っているが、人としての器量は小者で、頭脳も、本人が思っているほど切れるわけではない。
:ゾルザルのクーデターにより帝都を脱出し、アルヌスに潜伏。『門』閉鎖後はアルヌスの知事なる。
;メトメス
:ディアボの従者。それなりに忠実。
匿名利用者