「松平忠倶」の版間の差分

編集の要約なし
寛永11年(1634年)、掛川藩主・[[松平忠重]]の長男として生まれる。寛永16年(1639年)に父が死去したため、[[家督]]を継いだ。そして直後に[[江戸幕府|幕府]]から信濃飯山に移封を命じられた。[[正保]]3年([[1646年]])12月、従五位下・遠江守に叙位・任官する。
 
藩政においては[[野田喜左衛門]]を登用して[[信濃川|千曲川]]の治水工事を行い、殖産興業や[[浪人]]の取締り強化、寺社政策、検地などを積極的に行って飯山藩の基礎を固めた。[[万治]]元年([[1658年]])から[[大坂加番]]に任じられ、その後も要職を歴任した。元禄8年([[1695年]])3月に4回目の大坂加番に任じられて任地に赴いたが病に倒れ、元禄9年(1696年)5月26日に大坂で病死した。享年63。
 
子の[[松平忠継|忠継]]は病弱だったため廃嫡し、忠継の長男である[[松平忠敏 (飯山藩嫡子)|忠敏]]を後継者に指名していたが、その忠敏も早世したため、忠敏の弟・[[松平忠喬|忠喬]]が跡を継いだ。
匿名利用者