「源通子」の版間の差分

編集の要約なし
'''源 通子'''(みなもと の つうし、生年未詳 - [[承久]]3年8月([[1221年]]))は、第83代[[土御門天皇]]の後宮で第88代[[後嵯峨天皇]]の生母。父は[[参議]]左近中将[[源通宗]]([[源通親]]の長男、贈左大臣従一位)。
 
[[典侍]]となり、土御門天皇の寵愛を受けた。[[建暦]]元年(1211)春子女王、[[建保]]元年(1213)覚子内親王([[准三宮]]、正親町院)、建保2年(1214)仁助法親王、建保4年(1216)静仁法親王、承久2年(1220)邦仁王(のちの[[後嵯峨天皇]])を産む。承久3年(1221)死去。後嵯峨天皇の即位により[[仁治]]3年7月11日(1243)贈皇太后。
 
== 参考文献 ==
* 井上宗雄『増鏡(上)』、[[講談社]](講談社学術文庫)、1979年
* 「源通子」『日本女性人名辞典』[普及版]、[[日本図書センター]]、1998年
 
{{デフォルトソート:みなもと の つうし}}
[[Category:久我家|つうし]]
[[Category:日本の皇后]]
[[Category:平安・鎌倉時代の皇族]]
[[Category:生年不明]]
[[Category:1221年没]]
13,229

回編集