「カニカニ銀」の版間の差分

m
全角チルダ廃止
(誤った情報の削除及び新情報の加筆。画像における局面も、適切でない手があった為に削除。)
m (全角チルダ廃止)
 
== 概要 ==
玉と金を初期位置から一切動かさずに([[居玉]])、飛車先を2五まで伸ばし、後手に△3三銀を指させてから、右銀を▲5六歩~▲4〜▲4六銀と活用させる。その後、後手が5筋の歩を突いてくれば、▲5八飛~▲9〜▲9七角~▲6〜▲6六銀~▲7〜▲7七桂と布陣するのが一例で、敵陣の中央突破を目指す。この時誤解されやすいのだが、'''▲3六歩と3筋の歩を突くのは自玉の傷になりやすく、攻めも遅れる為、悪手になることが多い'''。
 
後手が中央からの猛攻を警戒して、5筋の歩を受けずに争点を作らせないようにしてきた場合、▲3六歩~▲3〜▲3五歩と斜め棒銀調に使い、角は▲7九角と引き角にする。一般的な棒銀とは違い、銀が3五まで進出しても、銀交換を焦らずにプレッシャーをかけながら、時期を伺う。
 
後手の飛車先交換に対しては[[向かい飛車]]から、飛車交換を狙うのも1つの狙いで、居玉だが一段金なので飛車交換には強い。後手に手厚く受けられた時に、揺さぶりをかける為にも、向かい飛車への転換はよく出る筋である。
4,435

回編集