「迦陵頻伽」の版間の差分

m
s/迦陵頻迦/迦陵頻伽/g;
m (迦陵頻迦迦陵頻伽 へ移動: 辞典類の調査によれば「伽」の表記がより一般的であると思われるため。)
m (s/迦陵頻迦/迦陵頻伽/g;)
'''迦陵頻'''(かりょうびんが、'''迦陵頻迦'''とも。)は[[仏教]]における想像上の生物で[[サンスクリット]]の kalavinka の音訳。[[極楽浄土]]で美声にて[[仏法]]を説くとされ、'''妙音鳥'''とも意訳される。[[インド]]の[[仏教美術]]には人頭鳥身で現れるが、[[日本]]の仏教美術では有翼の[[菩薩]]形の上半身に鳥の下半身の姿で描かれてきた。
 
一般に迦陵頻が描かれていれば、その図像は[[浄土]]を表現していることを意味し、同時にそれによって[[如来]]の教えをたたえることを意図する。
 
[[雅楽]]に[[仏供養]]に際して迦陵頻の舞を表現する演目として[[迦陵頻]](かりょうびん)があり、[[胡蝶舞]]と対で舞われた。
 
{{Buddhism stub}}
9,089

回編集