「時刻系」の版間の差分

[[暦表時]]・[[力学時]]・[[座標時]]はすべて[[惑星]]の運動を計算するための一様な時刻を与える時刻系である。
 
*'''[[地球時]]'''('''TT'''[[:en:Terrestrial Time|Terrestrial Time]]はかつて地球力学時('''TDT'''、[[:en:Terrestrial Time#History]])と呼ばれていた時刻系である。地球時は現在は[[地球]]表面での座標時として定義されている。TT = TAI + 32.184秒(正確に)である[http://aa.usno.navy.mil/faq/docs/TT.php]。ここでTAIは[[国際原子時]]である。[[天文学]]で用いられる[[元期]][[J2000.0]]は、[[ユリウス日]]で2451545.0 TT、又は 2000年1月1日12h TTである。この元期J2000.0は、[[国際原子時]]では2000年1月1日11:59:27.816 TAI、[[協定世界時]]では2000年1月1日11:58:55.816 UTC と換算される。
 
*'''[[暦表時]]'''('''ET''')は暦表秒、すなわち[[回帰年]]のある整数分の1で定義された秒に基づく時刻系で現在は使われない。暦表秒は[[1956年]]から[[1967年]]まで[[国際単位系|SI]]秒の基準であった。暦表時は[[1984年]]に廃止された。地球表面での用途についてはETは地球力学時(TDT)で置き換えられ、TDTはその後地球時(TT)として再定義された。[[天体暦]]の計算用途には、ET太陽系力学時(TDB)で置き換えられた。しかしTDBの定義では不足があったため[[太陽系]]全体での用途については太陽系座標時(TCB)で、また地球近傍での用途には地球座標時(TCG)で再度置き換えられている。実際には天体暦の計算はT<sub>eph</sub>と呼ばれるTCBと線形的に関係する時刻が使われているが、これは公式には定義されていない。
 
*'''[[地球力学時]]'''('''TDT'''、[[:en:Terrestrial Time#History]])は暦表時に代わる時刻系で、暦表時との連続性を維持していた。TDTは一様に進む原子時に基づく時間間隔を持ち、SI秒を単位とした。TDTはTAIと結び付いていたがTAIの原点の定義には若干任意性があったため、TDTはTAIと32.184秒という定数秒だけずれを持たせていた。このずれによって暦表時との連続性が保たれた。地球力学時は現在は地球時として再定義されている。
 
*'''[[太陽系力学時]]'''('''TDB'''、[[:en:Barycentric Dynamical Time|Barycentric Dynamical Time]])はTDTと同様の時刻系だが、原点を太陽系重心に移すための[[相対論]]的補正を含んでいる。TDBはTTに対して周期的項のみ異なっている。この差は最大でも10ミリ秒程度で、多くの用途では無視できる。[[1991年]]に、時空座標の間の関係を明確にするために異なる[[座標系]]に基づく新たな時刻系が導入された。地球時は地球表面での時刻である。地心座標時は地球中心での座標時である。太陽系座標時は太陽系の重心での座標時である。太陽系力学時は太陽系重心での力学時である。
 
*'''[[地心座標時]]'''('''TCG'''、[[:en:Geocentric Coordinate Time|Geocentric Coordinate Time]])は地球の重心に空間座標の原点を持つ座標時である。TCGはTTと以下の式で線形に結び付いている。
:TCG-TT=<var>L<sub>G</sub></var>*(JD -2443144.5)*86400秒
::ここでスケール差<var>L<sub>G</sub></var>は6.969290134e-10と定義される。
 
*'''[[太陽系座標時]]'''('''TCB'''、[[:en:Barycentric Coordinate Time|Barycentric Coordinate Time]])は太陽系重心に空間座標の原点を持つ座標時である。TCBはTTと歩度や他の周期項が異なっている。周期項を無視し、長い期間にわたって平均すると両者は以下の関係にある
:TCB-TT=<var>L<sub>B</sub></var>*(JD -2443144.5)*86400秒
::IAUによるスケール差<var>L<sub>B</sub></var>の最も良い評価値は1.55051976772e-08である。
匿名利用者