「ナヴァッサ島」の版間の差分

m (r2.7.3) (ロボットによる 変更: mk:Наваса)
ナヴァッサ島は[[1504年]]に[[ジャマイカ]]で座礁し動けなくなった[[クリストファー・コロンブス]]が助けを得るため、[[カヌー]]で[[イスパニョーラ島]]に何人かの船員を送った時に発見された。[[淡水]]もなく、「ナヴァーザ島(Navaza)」と名付けその後航海者たちからは350年の間振り返られることもなかった。
 
その以前からハイチが[[領有]]を主張していたにもかかわらず、[[1857年]]にピーター・ダンカンというアメリカ人が再「発見」したとし、アメリカ合衆国連邦法の[[グアノ島法]]を利用し[[グアノ]][[採掘]]のためアメリカ合衆国領有とされる。ダンカンは島の私有権を[[ジャマイカ]]のグアノ商人に譲渡し、その商人は[[ボルチモア]]のナヴァッサ燐鉱会社(Navassa Phosphate Company)に譲渡した。[[南北戦争]]後、[[ルルタウン]]と名付けた集落地設立の為、[[メリーランド州]]の黒人契約労働者140人の飯場、白人監督者用住居、設備工房、倉庫、教会を含む大規模な採掘施設を建設。グアノ採掘は[[1865年]]から開始。ダイナマイトとツルハシで採掘し、会社の[[バーク|バーク船]]「S.S.ロマンス」に載せるルル・ベイの船積み場までトロッコで運搬した。ルル・ベイの居住区はルル・タウンと呼ばれ、古地図に記されている。線路はその後内陸部にまで敷設された。
 
南国で人力でのトロッコ輸送は過酷で、島の労働環境への不満が高まり、1889年に暴動が起き5人の監督者が死亡。アメリカの軍艦が18人の労働者を連れ帰り、ボルチモアにて殺人罪のため起訴した。黒人友愛団体やキリスト教系漁師団体などが資金を募り、起訴された黒人たちの行動は自己防衛であり、また当地はアメリカ合衆国の法治地域でないとして弁護した。裁判は1890年に連邦最高裁にまで行き、3人が死刑判決となったが黒人教会を中心とした草の根運動が当時の大統領[[ベンジャミン・ハリソン]]を動かし無期懲役刑に減刑された。
匿名利用者