「グロープラグ」の版間の差分

m編集の要約なし
== 点火栓 ==
エンジンの[[燃焼]]熱を利用して自らの点火部分(コイル状または棒状の蓄熱部分=点火部分)の赤熱状態を保つ点火栓を言う。
「[[グローエンジン]]」や「[[模型]]用[[グローエンジン]]」で[[点火プラグ|点火栓]]として用いられる。
 
点火栓として利用する場合、[[電流]]を用いて点火栓に内蔵された[[抵抗]]体(コイルや棒)を赤熱させ、[[燃料]]に点火し始動する。一度始動すると、燃焼による熱でさらに赤熱し、以降の燃焼の火種となる。
この点火栓の特徴として、[[マグネトー]]、[[点火コイル]]、[[ディストリビューター]]などを用いた複雑な点火[[回路]]や、[[点火時期]]の調整が不要で、エンジンの回転が上がればそれにつれてグロープラグの赤熱度も行進し、点火時期を早める自己調節機能を持つ。一般的には、点火部分の材質は[[ニクロム]]か[[白金]]が使用される。高温用や低温用など様々な製品がある。
 
[[昭和]]後期まで[[漁船]]のエンジンとして利用された[[焼玉エンジン]]は、この点火栓を備えており、厳しい環境下でも信頼性の高いエンジンとして利用された。現在では、軽量化できることから模型用エンジンのほとんどがこの点火方法(グロー点火)を利用している。
 
== 予熱栓 ==
1,815

回編集