メインメニューを開く

差分

m
編集の要約なし
'''若彦路'''(わかひこみち)は、[[甲斐国]]と[[駿河国]]を結ぶ[[街道]]のひとつ。「若彦」の呼称は[[日本武尊]](ヤマトタケル)の子稚[[武彦王]]に由来するという(『[[甲斐国志]]』)。
 
史料上の初見は『[[吾妻鏡]]』[[治承]]4年([[1180年]])10月13日の[[甲斐源氏]]挙兵に際した軍事行動で、同10月[[武田信義]]ら甲斐源氏の一族と北条時政・義時は駿河国へ向かい大石駅に宿し、駿河目代の軍勢が富士野を廻って襲来すると、「富士北麓若彦路」を越えたとされている。
{{Quotation|十三日、壬辰、(中略)又甲斐国源氏并北条殿父子赴駿河国、今日暮兮止宿大石駅云々、戌刻、駿河目代以長田入道之計、廻富士野、来襲之由有其告、仍相遭途中、可遂合戦之旨群議、武田太郎信義・次郎忠頼・三郎兼頼・兵衛尉有義・安田三郎義定・逸見冠者光長・河内五郎義長・伊沢五郎信光等、越'''富士北麓若彦路'''、爰加藤太光員・同藤次景廉、石橋合戦以後、逃去于甲斐国方、而今相具此人々、到駿州云々、|『吾妻鏡』}}
 
[[江戸時代]]に編纂された『甲斐国志』に拠れば甲斐国から他国へ向かう九筋のひとつに数えられる古道とされ、道筋は甲府盆地南端の奈良原([[笛吹市]][[八代町 (山梨県)|八代町]])を通過し、鳥坂峠を経て芦川村(笛吹市[[芦川村|芦川町]])に至り、さらに大石峠を越え富士北麓の大石村([[富士河口湖町]]大石)を経て富士北西麓を駿河国富士郡上井出村([[富士宮市]])に達するルートが想定されているが、甲斐源氏の通過した「富士北麓若彦路」に関してはこれと異なるルートも考えられている(末木 2007)。
 
甲斐国から駿河国へ向かう街道には若彦路のほか、[[甲府盆地]]から[[富士川]]沿いに南下する[[河内路]]や、甲府盆地から[[右左口峠]]を超えて富士東麓を南下する[[中道往還]]が存在する。
640

回編集