「永瀬拓矢」の版間の差分

m
ダブり削除
(→‎棋歴: 2012年度竜王戦)
m (ダブり削除)
2011年、1月11日(第69期[[順位戦]]C級2組、対・[[岡崎洋 (棋士)|岡崎洋]]戦)から6月1日(第1期[[加古川青流戦]]、対・杉本和陽三段)まで公式戦18連勝を記録。この連勝の中には、第61回[[NHK杯テレビ将棋トーナメント|NHK杯戦]]の予選3局と、本戦1回戦(放送日は6月5日)での[[佐藤康光]]九段(永世棋聖資格保持者)から挙げた勝利が含まれている。この佐藤との対局は、NHK杯戦では史上初の[[千日手]]2回<ref>2011年6月5日放送NHK杯テレビ将棋トーナメントにて、司会・聞き手役の[[矢内理絵子]]談。</ref>による再指し直しとなった。5月24日には第24期[[竜王戦]]6組準決勝で[[西川和宏]]を破り、竜王戦初昇級を決めた。そのほか、[[阿久津主税]]、[[加藤一二三]]からも勝ち星を挙げている。連勝ストップは、6月6日に行われた第37期[[棋王戦]]予選決勝(対・[[横山泰明]]戦)であり、棋王戦本戦進出も逸した。
 
連勝ストップ後の6月10日、第24期(2011年度)竜王戦6組で優勝(5組昇級)。本戦では2勝したが、3回戦でNHK杯戦以来の再戦となった佐藤康光に敗れた。
 
つづく第25期(2012年度)竜王戦5組でも優勝し、2期連続で本戦進出(1回戦敗退)。6組と5組での連続優勝は[[行方尚史]]以来。なお、5組決勝進出決定時点で規定(連続昇級)により五段昇段した。
4,435

回編集