「山川菊栄」の版間の差分

編集の要約なし
'''山川 菊栄'''('''山川 菊榮'''、やまかわ きくえ、[[明治]]23年([[1890年]])[[11月3日]] - [[昭和]]55年([[1980年]])[[11月2日]])は日本の評論家・婦人問題研究家である。
 
旧姓は青山。東京生れ。[[山川均]]の妻。日本の婦人運動に初めて批評的、科学的視点を持ち込んだ。多くの評論集は、明晰な分析と鋭い批評眼を示し、日本における女性解放運動の思想的原点と評される。{{要出典|date=2012年7月}}また、戦前から柳田国男の薫陶を受け、母や故老からの聞き書きや祖父の日誌をもとに、「武家の女性」「幕末の水戸藩」などの社会史を残した。
 
==経歴==
匿名利用者