「K-Pg境界」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
[[File:Phanerozoic Biodiversity.svg|thumb|400px|顕生代の生物多様性(科レベル)の推移。横軸は年代を表し単位は百万年。灰色が大量絶滅を最初に示した[[セプコスキ]]のデータ、緑色が"well-defined"データ、黄色の三角が5大絶滅事件。右端の6550万年前の谷が恐竜が絶滅したK-T境界]]
== 名称 ==
[[白亜紀]]と[[新生代]][[第三紀]]の境目に位置する。白亜紀は[[英語]]では Cretaceous だが、頭文字がCで始まる地質年代区分<ref>[[カンブリア紀]]([[w:Cambrian|Cambrian]])や[[石炭紀]]([[w:Carboniferous|Carboniferous]]がこれに該当する。</ref>が多いため、[[ドイツ語]]の '''K'''reide からとった頭文字'''K'''が略号として用いられる。これと、英語で第三紀を意味する '''T'''ertiary の頭文字'''T'''とを組み合わせて'''K-T境界'''としている。ただし、現在は第三紀の語は正式な用語として使われておらず、[[古第三紀]]('''P'''aleogene)との境界であることから'''K-P境界'''<ref>松井「新版 再現!巨大隕石衝突」(2009)前書き V頁</ref> または '''K/Pg境界'''<ref>「恐竜博2011」(2011) P120 および P122</ref>と呼ばれている。
 
== 大量絶滅 ==
 
===陸上での状況===
陸上では恐竜が全滅し、他の生物にも広範な影響があった。(ただし、[[アラモサウルス]]などの一部の種は生き延びた可能性が高いことが化石から示唆されている)<ref>[[読売新聞]]、2011年2月5日22時8分配信</ref>
*[[翼竜]]は白亜紀の終わりには数を減らしていたが、K-T境界で絶滅。
*[[鳥類]]を除くすべての[[竜盤類]]と、[[鳥盤類]]が絶滅(現在 鳥類は[[ジュラ紀]]に竜盤類の中の[[獣脚類]]から派生したとされている<ref>リチャード・サウスウッド「生命進化の物語」 (2007) P229-230 </ref>。)
832

回編集