「フザリウム」の版間の差分

→‎利害: ヒトの病原菌
m (→‎参考文献: 文献追加)
(→‎利害: ヒトの病原菌)
== 利害 ==
植物質の上で[[腐生菌]]として生活するものがよく見られるが、樹液や汚水中に出るものもある。しかし、この菌は植物の病原菌となるものが数多く知られ、農業上の害が大きい。広い範囲の栽培植物が宿主となる。
 
なお、以下、種名のほとんどは現在では種複合種とされるグループを示す。
 
=== 植物病原菌 ===
特に''F. oxysporum''は、作物ごとに寄生性が分化した群が存在し、それぞれの群ごとに特定の作物に萎凋性病害を引き起こす。フザリウムによる萎凋性病害が大きな問題となる作物には、[[トマト]]、[[バナナ]]、[[ワタ]]、[[サツマイモ]]、[[マメ科]]作物、[[ウリ科]]作物、[[アブラナ科]]作物などがある。
 
腐敗させるタイプのものは、ペクチン分解[[酵素]]により細胞壁を溶解させたり、[[マイコトキシン]]の分泌により[[細胞膜]]の透過性を阻害させたりして、組織を壊死させることにより症状を引き起こす。代表的なものには、''F. oxysporum''による [[タマネギ]]の[[乾腐病]]、''F. solani''複合種による[[ジャガイモ]]の乾腐病、[[エンドウ]]の根腐病などがある。また、''F. graminearum''や''F. asiaticum''、''F. culmorum''による[[穀類]]の[[赤かび病]]は、作物の組織を殺すのみならず、後述のように[[マイコトキシン]]を産生し、人畜の健康被害をもたらすことで問題となっている。
 
また、[[イネ馬鹿苗病菌|イネばか苗病]]は、イネの苗が徒長するもので、病原菌は''Gibberella fujikuroi''(不完全世代:''F. fujikuroi'')である。この種は植物の生長ホルモンの活性がある[[ジベレリン]]を分泌するため、イネの生長が異常になるのである。
 
トリコテセン系マイコトキシンは、汚染された穀物を摂取することにより、食中毒性無白血球症(ATA)と言われる中毒症状(悪心、嘔吐、腹痛、下痢、造血機能障害、免疫不全など)を起こす。ゼアラレノンは女性ホルモン様作用を持ち([[環境ホルモン]])、家畜に不妊、流産、外陰部肥大を引き起こす。
 
=== ヒトの病原菌 ===
免疫機能の低下した患者に重い深在性真菌症を引き起こす真菌として知られる。また、日本においては、芽や爪に病気を引き起こす真菌症の病原菌としても知られてきた。さらに、目に日和見感染する病原菌としても重要であり、[[角膜]]真菌症を引き起こす。
おもな病原種は''F. oxysporum'', ''F. solani'', ''F. verticillioides''などで、主要な植物病原菌と共通している。
 
=== その他の被害 ===
他に、フザリウムには昆虫、エビなどの動物に寄生するものも知られている。そのなかには、養殖漁業において大きな被害を与えるものがある。
 
また、水中的な環境にも出現することから、台所や風呂場の排水溝周辺などに生育して赤い汚れになる場合がある。[[コンタクトレンズ]]の洗浄剤に繁殖して被害を出した例もある。
1,714

回編集