「ディノサウロイド」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''ディノサウロイド'''(Dinosauroid、ダイノサウロイド、デイノサウロイドとも)は[[恐竜]]が絶滅せずに[[進化]]をし続けた場合、[[人間]]に似た形態を採り得るという仮説、およびその形態のこと。恐竜人間とも。
 
== 概要 ==
トロオドンの特徴である、
#[[目|眼]]の配置上、[[立体視]]が可能である。
#[[脳]]の[[比率]]([[脳化指数]])が比較的大きい(身体との対比)。
#前足で物がつかめる。
等に着目した結果、「いずれは以下のような形態へと進化した」という可能性が示された。
832

回編集