「竜盤類」の版間の差分

m
アラモサウルスなどがK-T境界を生き延びた可能性が高いことに関する説明を追加いたしました
m (r2.7.1) (ロボットによる 追加: ro:Saurischia)
m (アラモサウルスなどがK-T境界を生き延びた可能性が高いことに関する説明を追加いたしました)
'''竜盤類''' (Saurischia) は、[[恐竜]]の2つのグループのひとつ。もうひとつのグループ[[鳥盤類]]とは[[骨盤]]の[[恥骨]]の向きによって区別される。一般に[[リンネ]]式の分類では'''[[目 (分類学)|目]]'''の[[タクソン|ランク]]として扱われる。竜盤類はさらに[[ティラノサウルス]]等を含む[[獣脚類]]と、[[ディプロドクス]]等を含む[[竜脚下目|竜脚形類]]に分かれる。
 
[[ジュラ紀]]・[[白亜紀]]に繁栄した恐竜類は[[白亜紀大絶滅]]により絶滅した(ただし、[[アラモサウルス]]などのごく一部の[[属 (分類学)|属]]はこの[[大絶滅]]を生き延びた可能性高い<ref>[[読売新聞]]、2011年2月5日22時8分配信</ref>)。しかし、竜盤類の中の獣脚類に含まれるある種が進化し、翼を持ち発展したものが[[鳥類]]となり、現在も繁栄している。
 
==概要==
** ティタノサウルス科 ('''Titanosauridae''')(例:[[ティタノサウルス]] (''Titanosaurus'')、[[サルタサウルス]](''Saltasaurus''))
 
==出典・脚注==
<references />
==関連項目==
{{Wikispecies|Saurischia}}
832

回編集