「ワーキングメモリ」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: is, pl, fa, ru, ko, tr, no, ro, hu, it 変更: es:Memoria a corto plazo)
m
 
== ワーキングメモリの容量 ==
ワーキングメモリは、一般に容量に限界があると考えられている。短期記憶に関する容量限界の定量という考えを具体したものとしては、Miller (1956年)による「マジカルナンバー7±2」がある<ref name="miller">Miller, G. A. (1956). [http://www.well.com/user/smalin/miller.html The magical number seven, plus or minus two: Some limits on our capacity for processing information.] Psychological Review, 63, 81-97</ref>。この論文によれば、記憶すべき要素が何であれ(数字、文字、単語を記憶する場合その他)、若者が記憶できる量は「チャンク」と呼ばれる塊りで表すと7±2であの範囲に収まるとされた。その後の研究で、容量はチャンクおぼえる素材の種類に依存し、数字なら約7個、文字なら約6個、単語なら約5個であることが分かってきた。また実際、長い単語よりも短い単語の方が容量を取たくさんおぼえれるという現象(語長効果)も、記憶に必要ワーキングメモリ容量の違によって説明されることがある(この解釈には異論もある)。一般に語的内容素材(数字、文字、単語)の記憶容量、その人がその素材を声に出して読んだときにかかる時間と記憶容量に関係があると考えられ内容素材について文脈的知識状態(その単語を知っているか)にも依存する<ref>Hulme, C., Roodenrys, S., Brown, G., & Mercer, R. (1995). The role of long-term memory mechanisms in memory span. British Journal of Psychology, 86, 527-536.</ref>。他にも容量に影響する要因があり、人間のワーキングメモリや短期記憶のチャンク数を具体的に定量化することは難しい。Cowan (2001年)<ref>Cowan, N. (2001). The magical number 4 in short-term memory: A reconsideration of mental storage capacity. Behavioral and Brain Sciences, 24, 87-185</ref> によれば、厳密な条件の統制を行ったり適切な推定法を用いたりすることによって見かけ上の記憶を増やす要因をできる限り排除すると、若年成人の純粋な短期記憶容量は約4チャンクになる(子ども老人高齢者ではこれよりっと少ないとの報告もある)。
 
== 最近のワーキングメモリ研究 ==
21

回編集