「ATPアーゼ」の版間の差分

これら生体膜貫通型の古典的なABC ATPアーゼに加え、最近ではDNA結合型のABC ATPアーゼが知られるようになってきている。代表的なものとして、染色体の高次構造と機能を制御する[[SMCタンパク質]]があり、これらは[[コンデンシン]]あるいは[[コヒーシン]]のコアサブユニットとして機能する。また、DNA2重鎖切断の修復に関与するRad50もこのカテゴリーに属する。
 
ABCドメインの特徴は、多くのATPアーゼが共有するWalker AとWalker Bモチーフに加え、'''Signatureモチーフ'''(あるいは'''Cモチーフ''')と呼ばれる配列を持つことにある。'''すべてのABC ATPアーゼは一対のABCドメインをもち、2つのATP分子は2つのドメインに挟まれるようにして結合する'''。この際、ATPは一方のドメインのWalker AとWalker Bモチーフに結合し、もう一方のドメインのCモチーフと接触する。このCモチーフとの接触が、ATPの加水分解に必須である。すなわち、ATPの結合と加水分解のサイクルが2つのABCドメインの会合と解離のサイクルを制御し、さらにその構造変換が基質結合ドメイン(例えば、ABCトランスポーターの膜貫通ドメイン)に伝達されると考えられている。その作用メカニズムは、[[2シリンダストロエンジン]]例えられることもある。
 
===AAA ATPアーゼ===
匿名利用者