「ナスダック100指数」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''ナスダック100指数'''(NASDAQ-100、NDX)とは、[[株価指数]]の一つであり、[[ナスダック]]に上場する[[時価総額]]上位100銘柄([[金融]]銘柄を除く)の[[時価総額加重平均]]によって算出される指数である。[[マイクロソフト]]や[[インテル]]、[[Googleグーグル]]など、アメリカを代表するIT企業が数多く含まれており、[[ナスダック総合指数]]と並んでアメリカの[[新興市場]]を代表する株価指数といえる。
 
ナスダックに上場する非金融銘柄の時価総額上位100銘柄の時価総額を加重平均して算出する。公表される指数は、NASDAQ Index Dissemination Services(NIDS)によって、15秒おきに算出・更新される。[[ナスダック総合指数]]と混同されやすいが、ナスダック総合指数が3000近くある全ナスダック上場銘柄から算出されるのに対して、ナスダック100指数はナスダックに上場する金融以外の時価総額上位100銘柄のみから算出される指数である。
== 特徴 ==
ナスダックに上場する、非金融銘柄の時価総額上位100銘柄の時価総額を加重平均して算出する。公表される指数は、NASDAQ Index Dissemination Services(NIDS)によって、15秒おきに算出・更新される。[[ナスダック総合指数]]と混同されやすいが、ナスダック総合指数が3000近くある全ナスダック上場銘柄から算出されるのに対して、ナスダック100指数はナスダックに上場する金融以外の時価総額上位100銘柄のみから算出される指数である。
 
[[S&P 500]]や[[ダウ平均株価]]と異なり、指数を構成する銘柄に金融会社が含まれず、ナスダックに上場されている銘柄であれば[[アメリカ合衆国]]外で設立された会社も含むといった特徴がある。ナスダック100指数に金融銘柄が含まれない代わりに、ナスダックに上場する時価総額上位金融銘柄の株価指数として[[ナスダック金融100指数]]がある。
6,969

回編集