「山海関」の版間の差分

編集の要約なし
| カタカナ=
}}
'''山海関'''(さんかいかん)は、[[万里の長城]]の一部を構成する[[要塞]]。[[中華人民共和国河北省]][[河北省秦皇島市]]山海関区に所在。河北・[[遼寧省]]の省境が[[渤海]]に会する位置にある。名のとおり、背後の山(燕山)が渤海に迫る山と海のあいだの狭隘な要地にあり、山海関から延びた城壁が海岸から突き出た「老龍頭」が永らく「長城の東端」とされてきたが、2009年4月18日、中華人民共和国国家文物局により遼寧省虎山が東端と訂正された。[[明|明代]]は北方民族である[[女真]]の侵入に対する防衛の要とされた。「天下第一関」と称されるが、これは山海関の著名性を表したものではなく、東から数えて最初の関所であったことを示す。
 
満州方面から山海関を越えて[[中原]]に向かうことを「入関」あるいは「関内に入る」と称し、満洲を「関外」もしくは「関東」という。かつて日本の租借地であった[[関東州]]や、そこに駐留した[[関東軍]]の名称もこれに由来する。
1,632

回編集