「道奥菊多国造」の版間の差分

編集の要約なし
m (→‎氏神: lk)
'''道奥菊多国造'''(みちのおくのきくたのくにのみやつこ)は[[令制国]]での[[陸奥国]][[菊多郡|菊多郡(きくたのこおり)]](後の[[福島県]][[菊田郡]](旧[[勿来|勿来市]]、現[[いわき市]]南部辺りにあった'''菊多国'''を支配した[[国造]]。
 
『[[先代旧事本紀]]』の巻10『国造本紀』によれば、[[応神天皇]]の時代、[[茨城国造]]の祖・[[建許侶命]]の子である'''屋主刀禰 '''(やぬしのとね、または屋主乃禰:やぬしのね)を国造に定めたことに始まるとされる。後に[[多珂国]]([[日立市|助川]]から[[大熊町|熊川]]まで)の一角に加わった
 
[[律令制]]が敷かれた時、当初は[[常陸国]]からに編入され、その北限が「苦麻」こと熊川とされたが<ref>『日本歴史地名大系 福島県の地名』205頁</ref>、後に陸奥国へ分割編入された。この経緯を持つ当地は[[大和朝廷の北進]]が始まるまで[[ヤマト王権]]の及ぶ北限の地として[[蝦夷]]と対峙し、[[勿来関]]に先立つ菊多関があったとされる。
 
== 氏神 ==
* [[國魂神社 (いわき市)|國魂神社]](くにたまじんじゃ) - 菊田郡窪田郷(現在の福島県いわき市[[勿来町]]窪田馬場72)に鎮座する、菊多国造が創祀したと伝わる神社。
 
==脚註==
<references/>
 
== 関連項目 ==
**([[石背国]]:[[中通り]])'''白川関''':[[白河国造|白河]]([[白河郡]])- [[石背国造|石背]]([[岩瀬郡]])- [[阿尺国造|阿尺]]([[安積郡]])- [[信夫国造|信夫]]([[信夫郡]])
**:※ 南から北への順。石背国に属した[[会津郡]]と石城国に属した[[行方郡 (磐城国)|行方郡]]の郡名を負う国造はいない。
* [[多珂国]]
* [[菊多郡]]
 
{{Japanese-history-stub}}
[[Category:陸奥国]]
[[Category:国造]]
[[Category:福島県いわき市の歴史]]
匿名利用者