「石上家成」の版間の差分

 
== 経歴 ==
父が低い身分のうちに早世したために、左大臣の孫でありながら[[外位]]に叙され、外従五位下から[[従五位|従五位下]]に遷されたのは、[[天平宝字]]8年([[764年]])の[[藤原仲麻呂の乱|藤原仲麻呂の乱(恵美押勝の乱]]鎮圧の功績によるものであった。この時併せて武功により[[勲等|勲六等]]の[[叙勲]]を受けている。[[神護景雲]]2年([[768年]])に[[上総国|上総]][[国司|守]]・[[勅旨省|勅旨少輔]]に任じられた。
 
[[宝亀]]元年([[770年]])[[光仁天皇]]の[[即位]]に伴い従五位上に叙せられ、翌宝亀2年([[771年]])[[皇太子]]・[[他戸親王]]の[[春宮坊|春宮員外亮]]を兼ねた。宝亀3年([[772年]])5月に他戸親王が皇太子を廃されたのち、同年9月に政情調査のために[[南海道]]に、宝亀7年([[778年]])検税使として[[東山道]]へ派遣されるなど、地方行政の調査・監察にあたっている。同年[[正五位|正五位下]]、宝亀9年([[780年]])[[宮内省|宮内大輔]]。