「クロスゲーム」の版間の差分

; 赤石 修(あかいし おさむ)
: 声 - [[乃村健次]]
: 星秀学園高等部1年生(開始当時:小学5年生)コウと若葉の幼馴染。酒屋の息子。[[捕手]]。
: 若葉のことが好きだったが、コウの存在があり両思いはかなわなかった。小学生のときは[[ガキ大将]]で、コウいわく「学年で一番喧嘩が強い」
: コウと若葉の幼馴染。酒屋の息子。
: 若葉のことが好きだったが、コウの存在があり両思いはかなわなかった。小学生のときは[[ガキ大将]]で、コウいわく「学年で一番喧嘩が強い」。
:小学生時代は[[リトルリーグ]]に所属していたが、エース投手の座を争った相手に暴力をふるったためチームを去る。コウが初めてプレイした草野球の試合で途中から登板し、100km/h超の速球を投げたがコウにホームランを打たれた。中学校では野球部に入り、3年時にはキャプテンを務めた。
: 喧嘩は中西より強く、あかねに迫ったチンピラを威圧感だけで追い払った事もあるが、中学に入ってからは一度もしていないが、一度だけあかねに若葉の事をバラした千田を本気では無いが殴った事がある。高等部ではコウらと共に野球部へ入部、選抜試験を受けずプレハブ組となり、捕手をやっている。捕手になった理由は、若葉が上記のキャンプに行く死ぬ前日の夜に甲子園で捕手をやっている赤石の夢を見たことを聞かされたため。あかねが現れてからは、若葉に生き写しであるあかねの事が気になっている。同時にが、東曰く「赤石はコウのこ一緒にが若葉と同じくらると大好の月島若葉の笑顔が一番だっ」なと語り、コウとあかねを結び付けようとするが、最終的には周囲の計らいもあり、あかねとかなり親密な関係になった。
: 基本的に[[ポーカーフェイス]]であるが、かなり不器用で繊細であり、あかねが入院した際にはかなりの[[スランプ]]に陥っており、それを理解していたコウは成功す試合が終わるまであかねの手術の事を黙っていた。またキャッチャーを始める前から洞察力は高くコウが運動会で巻いていた鉢巻に書いてあった「頑張れ」が若葉の字だと気付き、若葉にその字を自分のノートに書いてもらい今でも「宝物」として大事に持っている。
: その強肩を生かし、度々ランナーを刺している。東にも名前を覚えられている。良いリードをし、バッティングでも三振も少なくないが長打力があり、るため[[クリーンナップ|5番打者]]を担当しており、プレハブ組時代や秋季大会で東が虫垂炎で不在時には4番を務め(秋季大会はアニメでのみ)、高校3年時のセンバツ優勝投手である竜旺の及川から先制タイムリーを放った。
: 東曰く「赤石はコウのことが若葉と同じくらい大好き」
: その強肩を生かし、度々ランナーを刺している。東にも名前を覚えられている。良いリードをし、バッティングでも三振も少なくないが長打力があり、[[クリーンナップ|5番打者]]を担当しており、プレハブ組時代や秋季大会で東が虫垂炎で不在時には4番を務め(秋季大会はアニメでのみ)、高校3年時のセンバツ優勝投手である竜旺の及川から先制タイムリーを放った。
: その実力は星秀を見下す大門が「東以外で怪我をして欲しいのは、ピッチャーとキャッチャーぐらい」と発言し、三島と及川が「ウチ(竜旺)のキャッチャーを上回る」と評価するほどである。
: 高3になりキャプテンを務めている。
; 中西 大気(なかにし だいき)
: 声 - [[園部好徳]]
: 星秀学園高等部1年生(開始当時:小学5年生)。[[三塁手]]。
: コウとは小学校時代からの同級生で、お揃いのユニフォーム注文などでの腐れ縁。コウに初めて野球を教えた人物でもある。おだてると即その気になるお人好し。
: 中等部では一旦野球部に入るものの、1年時に巻原ら当時の3年生を全員殴り倒し、僅か3ヶ月で退部した。しかし退部後もトレーニングは続けていた。喧嘩は赤石に次いで強い。
: 高等部に進学すると、コウらと共に選抜試験を受けず、プレハブ組となる。小学生の時は捕手だったが、プレハブ組の[[一塁手]]をやっていた。しかし東とポジションが重なるため、三塁手にコンバートされた(太り気味のため、5kgの減量を命じられる)。2年生になってからは[[クリーンナップ|3番打者]]を務める(プレハブ組時代は5番)。バッティングは良い方で、ホームランやツーベースを打つことも少なくないが、前述のとおり太り気味のため走りは遅く、二塁上で刺されてしまう事もあり、周囲が認める絶妙なセーフティーバントも鈍足が原因でアウトになった。2年生の夏の大会までに3kg、3年生の夏の大会までにもう2kgやせたようだが、冬の間に太っていたかも知れず、また、瀬名戦での東の言葉が『去年の夏から』という意味ではなかったかも知れないので、『合わせて5kgやせた』とは言い切れない
: 経歴:区立千川北小学校-星秀学園中等部-星秀学園高等部
 
; 千田 圭一郎(せんだ けいいちろう)
: 声 - [[岸尾だいすけ]]
: 星秀学園高等部1年生。[[遊撃手]]。
: コウの中学時代からの同級生。中等部では一応エースで4番を勤めていた。お調子者の上にナルシストで自分は女子にモテると思っているが、チームのメンバーにすら存在が忘れられがちで、存在感が薄い。当然、東にも名前は覚えてもらずアニメではその事を根に持っていたが、アニメでは後に名前を覚えられる(ただし青葉との会話でのみで、本人の前ではわざと名前を間違えている)。
: 大門監督のもと一軍で投手をやっていたが、あくまで肩が壊れるまでの[[バッティングピッチャー]]としてであった。対プレハブ戦で先発するが2回3失点(被[[安打]]3、内2本が[[本塁打]])でクビになり、試合途中からプレハブ組の遊撃手となった。前野監督曰く「いいに[[遊撃手にな]]としての才能を見出さ、すぐに試合に出てい。ミート力はあるが大振りが目立ち、先頭打者であるにもかかわらず三振やフライアウトが極端に多い。青葉にホレているが、いつも全く相手にされていない。マネージャーの志堂には[[パシリ]]にされていたが、好意をもっている姿もある。風貌、性格ともにH2の木根に似ている。
: アニメでは従兄弟の小金沢みどりが登場し、練習に付き合わされることを嫌っている。町内では名前を覚えられていない。
: 経歴:星秀学園中等部-星秀学園高等部
; 巻原(まきはら)
: 声 - [[遠藤大輔]]
: 星秀学園高等部3年生。三塁手。
: さぼり癖がある、単純な性格の持ち主。中学3年時に気が合わなかった中西に殴り倒されたという因縁がある。実力はあるものの性格が原因でプレハブ組に。一軍対プレハブ組の試合は四番で出場した。試合ではコウの活躍に嫉妬して不真面目にプレーしていた。しかし、試合の終盤からは前野監督の嘘の武勇伝や、「思いっ切り楽しんで来い」という一言により、チームに尽くすようになる。高校卒業後も野球部を忘れたわけではなく、3年生になったコウたちが夏の北東京大会決勝で竜旺学院と戦う時は、応援に駆けつけている。アニメでは卒業後、就職していた
: アニメでは高校卒業後も野球部を忘れたわけではなく、3年生になったコウたちが夏の北東京大会決勝で竜旺学院と戦う時は、応援に駆けつけている。卒業後、就職していた。
: 経歴:星秀学園中等部-星秀学園高等部
 
: 声 - [[稲葉実]]
: 星秀学園高等部の野球部監督。62歳。
: 旧プレハブ組の監督で、大門が赴任するまでは監督を務めていた文字通り『前の監督』。プレハブ存続のために監督生命をかけて一軍対プレハブ戦を計画。長く監督をやっているため、強豪の野球部にも顔が利き、試合経験の少ないプレハブ組の実力を高めていった対一軍戦光たちが入部してくるまではおとなしい監督だったが、それ以後は対一軍戦のための練習から[[スパルタ教育|スパルタ指導]]に。野球に関する知識は優れており、「勝負に拘る采配をしていれば名将と呼ばれていただろう」と言われるほど。ただ、試合で「よろしく頼む」とサインの意味をなさないサインを出すなど、ややいい加減な部分もある。対一軍の再戦で、初めて本気で勝ちたいと思うようになった。結果、旧プレハブ組は見事勝利を収め、前の監督から現職監督に復帰した。
: 野球に関する知識は優れており、「勝負に拘る采配をしていれば名将と呼ばれていただろう」と言われるほどだが、野球部としての実績は残していなかった。試合で「よろしく頼む」とサインの意味をなさないサインを出すなど、ややいい加減な部分もある。
 
; 大久保 博子(おおくぼ ひろこ)
1,106

回編集