「ヒュー・ローリー」の版間の差分

編集の要約なし
m (+ iw)
| 家族 = 長男: チャールズ・アーチボルド(1988年11月 - )<br />次男: ウィリアム・アルバート(1991年1月 - )<br />長女: レベッカ・オーガスタ(1993年9月 - )
| 公式サイト =
| 主な作品 = 『[[ブラックアダー]]』<br />『[[Dr.HOUSE|HOUSE]]』
| アカデミー賞 =
| 英国アカデミー賞 =
| エミー賞 =
| ジェミニ賞 =
| ゴールデングローブ賞 = '''主演男優賞(テレビドラマ部門)'''<br />[[第64回ゴールデングローブ賞|2006年]][[Dr.HOUSE]]
| ゴールデンラズベリー賞 =
| ローレンス・オリヴィエ賞 =
| 全米映画俳優組合賞 = '''[[全米映画俳優組合賞男優賞 (ドラマシリーズ)|男優賞 (ドラマシリーズ)]]'''<br />[[第13回全米映画俳優組合賞|2006年]]『[[Dr.HOUSE]]』<br />[[第15回全米映画俳優組合賞|2008年]]『[[Dr.HOUSE]]』
| 全米映画俳優組合賞 =
| トニー賞 =
| その他の賞 =
| 備考 =
}}
'''ヒュー・ローリー'''('''Hugh Laurie''', 本名: James Hugh Calum Laurie, [[OBE]], [[1959年]][[6月11日]] - )は、[[イギリス]]の[[俳優]]、[[作家]]、[[コメディアン]]、[[ミュージシャン]]。[[オックスフォードシャー州]][[オックスフォード]]出身<ref name="actors">Stated in interview on ''[[Inside the Actors Studio]]'', 2006</ref>。1989年から1995年まで[[英国放送協会|BBC]]で放映されたコメディ・シリーズ "A Bit of Fry and Laurie" 、アメリカの医療テレビドラマ"[[Dr.HOUSE]]"などの出演で知られている。
 
== 来歴 ==
[[ドラゴンスクール]]、名門男子全寮制[[パブリックスクール]][[イートン校]]を経て[[ケンブリッジ大学]][[セルウィン・カレッジ]]で[[考古学]]と[[人類学]]を専攻。
 
彼の父親は漕艇で[[近代オリンピック|オリンピック]]ゴールドメダルを獲得したことがあり<ref name="actors"/><ref>http://www.filmreference.com/film/33/Hugh-Laurie.html</ref>、彼自身も学生時代はボート競技に参加していた。<BR>1977年ボートのイギリスユースチーム、1980年にはケンブリッジ大学チームのメンバーになっているが在学中に[[伝染性単核球症]]を発症しその後退部している。
1977年ボートのイギリスユースチーム、1980年にはケンブリッジ大学チームのメンバーになっているが在学中に[[伝染性単核球症]]を発症しその後退部している。
 
大学1年生の時に[[エマ・トンプソン]]と知り合い、コメディ・グループ"Cambridge Footlights"に参加(1980-81年に座長をつとめている。[[エマ・トンプソン]]は副座長)。また、トンプソンに[[スティーヴン・フライ]]を紹介され、後に二人は"A Bit of Fry and Laurie"で共演することになる。
{{commons|Hugh Laurie}}
 
| {{全米映画俳優組合賞男優= (ドラマシリーズ)}}
{{actor-stub}}
{{DEFAULTSORT:ろうりい ひゆう}}
[[Category:イングランドの俳優]]
[[Category:大英帝国勲章]]
[[Category:1959年生]]
[[Category:存命人物]]
[[Category:イングランドの俳優]]
[[Category:オックスフォード出身の人物]]
[[Category:クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー]]
[[Category:イートン・カレッジ出身の人物]]
[[Category:大英帝国勲章]]
[[Category:ゴールデングローブ賞受賞者]]
[[Category:クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー]]
 
 
{{Link GA|bs}}
匿名利用者