「山下圭」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
 
== 来歴・人物 ==
[[1990年]]、[[東京都立日比谷高等学校|都立日比谷高校]]卒業。3年次の[[夏の甲子園]]都予選では、[[帝京中学校・高等学校|帝京]]・[[前田三夫]]監督も認める大会屈指の好投手の一人であった兎田投手([[横浜国立大学|横浜国大]])がチームメイトらも擁するなか<!-- 当時の読売新聞記載。のち明示してい -->都大会1回戦で[[東京都立淵江高等学校|都立淵江高校]]の五十嵐投手の前に、自分も含め、打線が沈黙し、1-3で敗退した。
 
=== 六大生時代野球 ===
その後、[[應義塾学]]法学野球部入学。野球部の門をたたくも大学4年次まで出番は回ってこなかったが、4年次の[[1993年]][[東京六大学野球]]春のリーグ戦で、主に代打での出場であったが[[前田祐吉]]監督ら首脳陣にその打撃の非凡性と共に長打力を認められ、同年秋のリーグ戦ではチャンスを掴みから5番打者・[[左翼手|レフト]]としてスタメン定着。2学年下に[[高木大成]]らがいた。リーグ最終の[[早慶戦]]まで単独での[[首位打者]]にあり、その後も試合に欠場を通せば間違いなくその座を掴むことはでき。結局、試合早慶戦ではスタメンに入り4打数1安打に終わり、14試合出場して47打数17安打 打率362 にて13試合出場の[[明治大学硬式野球部|明治大学野球部]]・[[野村克則]]と首位打者の栄冠を分けることになった。なお3番打者は、2学年下の[[高木大成]]であった。
 
14試合出場47打数17安打 打率362 の記録は13試合出場で同率記録の明大・[[野村克則]]と並び、六大学野球1993年秋のリーグ戦では同率首位打者の記録となった。
 
[[Category:慶應義塾大学野球部の選手|やました けい]]
5,247

回編集