「リトルバスターズ!」の版間の差分

編集の要約なし
|ウィキポータル= [[Portal:ゲーム|ゲーム]]・[[Portal:アニメ|アニメ]]
}}
『'''リトルバスターズ!'''』は、ゲームブランド・[[Key]]が制作した[[恋愛ゲーム (ゲームジャンル)|恋愛アドベンチャーゲーム]]、およびそれを原作とした[[メディアミックス]]作品。一般には「'''リトバス'''」の略称で呼ばれることが多く、またKeyのHP内でも随所に「リトバス」と記載されたこともある
 
== 作品概要沿革 ==
ゲームブランド・[[Key]]が制作した6作目の[[恋愛アドベンチャーゲーム]]である『'''リトルバスターズ!'''』は、[[Microsoft Windows|Windows]]用ゲームとして開発され、[[全年齢対象]](一般ソフト作品)として[[2007年]][[7月27日]]に発売された。初回限定版にはKey作品恒例のアレンジアルバムと、ビジュアルブックレット「棗恭介風来記」が同梱されている。通常版は2007年[[9月28日]]に発売された。
 
また、7作目の『'''リトルバスターズ! エクスタシー'''』は、前作『リトルバスターズ!』の[[アダルトゲーム|18禁]]化とシナリオ増訂を行ったもので、2008年7月25日に初回限定版が発売された。こちらもアレンジアルバムを始めとして様々な特典が同梱されている。また、「エクスタシー」の略記として「'''EX'''」がしばしば用いられ、公式ロゴの英語表記も「'''Little Busters-EX'''」となっている。ゲームのシステム・大筋のシナリオ・登場人物に大きな変更はないものの、追加要素としてシナリオ・CGの加筆や追加、修正が行われた他、サブキャラだった二木佳奈多と笹瀬川佐々美が攻略可能な[[ヒロイン]]に変更され、新登場のヒロインとして朱鷺戸沙耶が登場している。こちらの通常版は2008年9月26日に発売された。最初に全年齢対象作品としてリリースし、後に18禁版作品が発売されるのは[[ビジュアルアーツ]]グループ全体でも今回が初のケースであり、新規ヒロインや楽曲の追加がおこなわれたのも本作が初である。
 
2009年には『エクスタシー』をベースとした[[プレイステーション2|PS2]]移植版『'''リトルバスターズ! Converted Edition'''』が発売された。当初の発売予定日は2009年8月20日であったが、同年10月15日、11月26日、12月24日と、3回に渡り延期された。この移植版発売に先駆け、Key10周年を記念して販売された『KEY 10th MEMORIAL BOX』には『エクスタシー』をベースとした全年齢対象版が収められた。また、2010年には、PS2版にサブキャラのボイスを追加して主人公以外の全キャラクターをフルボイス化した[[プレイステーション・ポータブル|PSP]]移植版(タイトルはPS2版と同じ)も2010年11月25日に発売した<ref>[http://news.dengeki.com/elem/000/000/292/292331/ 電撃オンライン]2010年8月17日の記事</ref>。さらに2012年には[[プレイステーション・ヴィータ|PSvita]]版も3月22日に発売された。
 
関連するコンテンツとして、webラジオ『[[ナツメブラザーズ!]]』が[[音泉]]にて2008年6月23日から2011年10月24日まで配信されていた。
 
またスピンオフ作品として、本作ヒロインの一人である能美クドリャフカとのストーリーを描いた『'''[[クドわふたー]]'''』(18禁)が2010年6月25日に発売されている。
 
一般には「'''リトバス'''」の略称で呼ばれることが多く、またKeyのHP内でも随所に「リトバス」と記載されたこともある。
 
関連するコンテンツとして、webラジオ『[[ナツメブラザーズ!]]』が[[音泉]]にて配信されていた。
 
2012年3月31日、Key公式サイトでアニメ化が発表された。
[[Category:J.C.STAFF]]
[[Category:ワーナー・ブラザーズの日本アニメ作品]]
 
 
{{Link GA|en}}