「原マルティノ」の版間の差分

m
rv
編集の要約なし
m (rv)
'''原 マルティノ'''([[永禄]]12年?(([[1569年]])頃 - [[寛永]]9年[[9月7日 (旧暦)|9月7日]]([[1629年]][[10月23日]]))は、[[安土桃山時代]]~から[[江戸時代]]初期の[[キリシタン]]で、[[天正遣欧少年使節]]の副使。[[肥前国]](現在の[[長崎県]][[波佐見町]])出身。[[イエズス会]]員で[[カトリック]][[司祭]]。'''マルチノ'''、又は'''マルチィノ'''とも言う。使節の少年4人の中では最年少であったが、語学に長けており、ローマからの帰途、ゴアで[[ラテン語]]の演説を行って有名になる
使節の少年4人の中では最年少であったが、語学に長けており、ローマからの帰途、ゴアで[[ラテン語]]の演説を行って有名になる。
 
== 経歴 ==
 
[[Category:キリシタン|はらまるてぃの]]
{{生没年|はらまるてぃの|1569?1569年|1629年}}
18,971

回編集