「重仁親王」の版間の差分

編集の要約なし
m (本文中重複リンクの削除)
 
乱後、崇徳上皇は[[讃岐国]]に流罪となり、重仁親王は[[仁和寺]]に入り出家した。[[寛暁]][[大僧正]]のもとで仏道に励んだが、応保2年([[1162年]])に足の病により薨去した。[[享年]]23。
 
 なお、重仁親王は出家後父母の居る讃岐に行き21才で亡くなるまで父崇徳上皇や母兵衛佐局の近くで暮らしたとの伝説があり、高松市檀紙町には重仁親王廟まである http://www.nhk.or.jp/takamatsu/kiyomori/biography/120527.html 。
 
== 系図 ==
匿名利用者