「苔」の版間の差分

編集の要約なし
{{Otheruses|文化史での「コケ」|生物学での分類|コケ植物}}
{{Redirect|コケ|「コケ」の愛称で知られるサッカー選手|ホルヘ・レスレクシオン}}
[[ファイル:Gifu-kegonji5753.JPG|thumb|樹木に生えた身近な苔 - [[コケ植物]]の[[蘚類]]と[[苔類]]に[[地衣類]]がまじる]]
[[ファイル:苔むした石段.JPG|thumb|苔むした石段]]
'''苔'''(たいこけとは、生物学的に・'''コケ'''地表や[[苔類]](たの上にはつくばい)ように成長し、広がるような植物的なもことをさす'''狭義のコケ'''と言った場合[[苔類]]、[[蘚類]]、[[ツノゴケ類]]の総称として使われ[[コケ植物]]を指すが伝統的な分コケはそれに加え[[菌]]と[[藻類]]の共生体ある「[[コケ地衣類]]」や、一部のごく小型の維管束植物や[[藻類]]、[[シダ植物]]などが含まれる。語源は「木毛」にあり、ももとは樹の幹などに生えいる小さな植物の総称だっためられする説がある。[[岩茸]]など食用の苔もある。
 
日本においては、苔は[[日本庭園]]や[[盆栽]]で利用されるほか、日本の国歌[[君が代]]で歌われるなど。「苔」という漢字が日本に伝わった当時は苔を主に[[藻]]を指す言葉として用いられ馴染み深コケにつては「蘿」という漢字が当てられている歌のである。[[京都市]]には地面一面に苔をはやした[[西芳寺]](通称:苔寺)という寺がある。[[ミズゴケ類]]は吸水性の良さから梱包材や[[脱脂綿]]の代用や、止血剤として用いられた
しかし、日常用語にて'''苔'''(こけ)・'''コケ'''は、[[植物]]であるコケ植物のほかに、[[菌類]]と[[藻類]]の共生体である「[[地衣類]]」をも指す。その他、一部のごく小型の維管束植物や[[藻類]]もコケと呼ばれる場合がある。[[地域]]によっては、[[キノコ]]の類をコケと呼ぶことがある。
 
漢字では、蘚は蘚類を、苔は苔類をさし、総称としては蘚苔(せんたい)または苔蘚(たいせん)という。しかし日本では、俗には蘚・苔・ツノゴケを区別せずに、まとめて苔の字を使っていることが多い。
 
要するに地表や[[岩]]の上にはいつくばるように成長し、広がるような植物的なものをまとめてこう呼ぶ。食用の苔もある。
 
日本においては、苔は[[日本庭園]]や[[盆栽]]で利用されるほか、日本の国歌・[[君が代]]で歌われるなど、馴染み深いものである。[[京都市]]には地面一面に苔をはやした[[西芳寺]](通称:苔寺)という寺がある。
 
また、コケは岩や地表が長く放置されたときに生え、耕すなどの攪乱が行われていると育たない、との認識がある。例えば「'''苔むす'''」という言葉はその状態が長く続いてきたことを示す。これは善悪両面の取り方があり、「転石苔むさず」は、「腰を落ち着けて長く一つのことを続けないと成果は上がらない」の意味に取るのが普通であるが、ときに「活動を続けている人は古びない」という意味に使われる。英語ではA Rolling Stone gathers No Mossで、[[イギリス]]では前者の意味で使うが、[[アメリカ]]では後者の意味に使う。
1,106

回編集