「レイファー・ジョンソン」の版間の差分

m (r2.7.1) (ロボットによる 追加: ko:레이퍼 존슨)
1954年に、ジョンソンは[[カリフォルニア大学ロサンゼルス校]]に入学した最初の年に最初の十種競技の大会に出場したといわれている。1955年にはマシアスの持っていた記録を更新し世界記録保持者となり、同年の[[パンアメリカンゲームズ]]では金メダルを獲得している。1956年メルボルンオリンピックに出場したが結果は銀メダルであった。なおこの大会には[[走幅跳]]にもエントリーしていたがけがのため出場することはなかった。
 
ジョンソンは、[[交通事故]]を含め数々の怪我に悩まされ、1957年、1959年のシーズンを棒に振るが、1958年、1960年には世界新記録を樹立。そして、世界記録を樹立した直後のローマオリンピックでは、開会式においてアメリカ選手団の旗手を務め、彼の競技人生で最高の結果となる金メダルを獲得。大学の同僚で友人であった[[台湾]]の[[楊伝広]]が銀メダルとなった。
 
ローマ大会の後彼は引退し、俳優やスポーツキャスターとして活躍。1984年[[ロサンゼルスオリンピック (1984年)|ロサンゼルスオリンピック]]では、開会式で最終聖火ランナーとして聖火台に聖火をともす大役を果たした。
408

回編集