「プティア」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
{{Otheruses|古代ギリシャの土地|バングラデシュの郡|プティア郡|小惑星|フティア (小惑星)}}
'''プティア'''とは、
# [[ギリシャ]] [[テッサリア]]南部の都市および地域。
# [[バングラデシュ]]北西部[[ラジシャヒ管区]]にある都市。多くの[[ヒンドゥー教|ヒンドゥー]]寺院が残る[[観光名所]]。('''Putia''')
 
----
[[image:Thessaly.jpg|thumb|250px|古代テッサリアの地図]]
'''プティーア'''({{langel|grc|'''Φθία'''}} / {{lang|grc-Latn|Phthía}}) <small>あるいは</small> '''プティエー'''({{langel|grc|'''Φθίη'''}} / {{lang|grc-Latn|Phthíē}}) は、[[古代ギリシャ]]の[[テッサリア]]{{enlink|Ancient Thessaly}}の最南部に存在した地域。[[マリア湾]]と[[パガサイ湾]]とにはさまれた場所にあり、オトリュス山{{enlink|Mount Othrys}}の麓に位置する。[[ミュルミドーン人]]の故地とされ、『[[イーリアス]]』の主人公で[[トロイア戦争]]の英雄[[アキレウス]]の故郷である。'''プティオーティス'''({{langel|grc|'''Φθιῶτις'''}} / {{lang|grc-Latn|Phthiôtis}})とも呼ばれる。
 
[[マリア湾]]と[[パガサイ湾]]とにはさまれ、[[オトリュス山]]{{enlink|Mount Othrys}}の麓に位置する。
[[ギリシャ神話]]では、[[アイアコス]]([[ゼウス]]と[[アイギーナ]]の子)によって建設されたとする。アイアコスの子が[[ペーレウス]]であり、ペーレウスと[[テティス]]の子が[[アキレウス]]である。ミュルミドーン人はアイアコスの祈りによって生まれた氏族とされ、アキレウスに率いられてトロイア戦争で活躍した。
 
[[ミュルミドーン人]]の故地とされ、『[[イーリアス]]』の主人公で[[トロイア戦争]]の英雄[[アキレウス]]の故郷である。
また、[[ギリシャ神話]]では、[[デウカリオン]]([[プロメテウス]]と[[プロノイエ]]の子)がプティア王であったと記述がある。
 
==神話==
[[ギリシャ神話]]では、[[アイアコス]]([[ゼウス]]と[[アイギーナ]]の子)によって建設されたとする。アイアコスの子がプティア王[[ペーレウス]]であり、ペーレウスと[[テティス]]の子が[[アキレウス]]である。ミュルミドーン人はアイアコスの祈りによって生まれた氏族とされ、アキレウスに率いられてトロイア戦争で活躍した。
 
また、[[ギリシャ別の神話]]では、[[デウカリオン]]([[プロメテウス]]と[[プロノイエ]]の子)がプティア王であったと記述がある。
 
== 関連項目 ==
* [[アキレウス]]
* [[テティス]]
* [[ミュルミドン人]]
* [[ギリシア神話の固有名詞一覧]]
* [[フティア (小惑星)]]
* [[フティオティダ県]]
 
{{DEFAULTSORT:ふていあ}}
[[Category:ギリシャの歴史的地域]]
[[Category:バングラデシュの都市]]
{{Greece-stub}}
 
{{South-asia-stub}}
{{DEFAULTSORT:ふていあ}}
[[Category:テッサリア]]
[[Category:ギリシア神話歴史的]]
 
[[bg:Фтия]]
7,055

回編集