「マリサ・ロブレス」の版間の差分

m
(Cat+1)
{{Portal クラシック音楽}}
'''マリサ・ロブレス'''('''''Marisa Robles''''', [[1937年]][[4月5日]] - )は[[スペイン]]の世界的[[ハープ]]奏者。[[ルイーサ・メナルゲス]]に師事(兄弟子に[[ニカノール・サバレタ]]がいる)。[[マドリード音楽院]]に進み、[[1953年]]に16歳で音楽院を卒業。17歳でフルート奏者の[[ジャン=ピエール・ランパル]]と共演して、演奏会デビューを果たす。この時に演奏した[[ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト|モーツァルト]]の《[[フルートとハープのための協奏曲 (モーツァルト)|フルートとハープのための協奏曲]]》はロブレスの十八番として名高く、ほかにも[[ジェームズ・ゴールウェイ]]や夫[[クリストファー・ハイド=スミス]]らとこの作品を共演し、もしくは録音してきた。[[1958年]]に結婚し、[[1960年]]から[[イギリス]]に永住して演奏活動を続けており、[[1971年]]には[[王立音楽院|英国王立音楽院]]の教授に迎えられた。
 
337,864

回編集