「ディヴェルティメント K.137」の版間の差分

m
[[Image:Mozart K.137-1.jpg|thumb|right|321px|K.137 第1楽章冒頭部]]
 
{{Portal クラシック音楽}}
'''ディヴェルティメント 変ロ長調 K.137(125b) Divertimento K.137 ''' は、当時16歳の[[ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト]]が作曲した[[弦楽四重奏]]のための[[ディヴェルティメント]]である。[[ザルツブルク]]で作曲されたことからK.136~138をまとめてザルツブルク・シンフォニーとも言い、本項はその2曲目。曲の特徴、楽器編成、こちらの曲に関する論争については→[[ディヴェルティメント K.136]]へ。
 
337,608

回編集