「COPPELION」の版間の差分

Littlefox (会話) による ID:43559835 の版を取り消し
(確かに直リンには違和感があるものの、記事の質を落としているとは思えない。)
(Littlefox (会話) による ID:43559835 の版を取り消し)
 
=== 保健係 ===
; [[成瀬巳喜男|成瀬]]荊(なるせ いばら)
: 主人公。陸上自衛隊第三師団特殊部隊所属のコッペリオン保健係のリーダー。委員長。高3。[[近畿方言|関西弁]]で話す。黒髪のセミロングの少女。
: 遺伝子操作により驚異的な運動能力を持ち、極めて戦闘能力が高い。正義感が非常に強く、強い信念のもとに死都・東京に詮索活動を行っている。普段は強気で行動的だが、いざそれを崩されるととても脆い所がある。又、後先を考えない行動が危機を度々招く事も多い。
<!--: 製造コードは'''C-2'''。-->
; [[野村芳亭|野村]]タエ子(のむら タエこ)
: コッペリオン保健係の実質的2番手。高1。常に口調が丁寧。地味な顔立ちだが、保健係の中では一番スタイルがいい。学校時代とは髪型が違う。
: 豊富な知識を持ち、遺伝子操作により[[視力]]が通常の人間の10倍ある。普段は眼鏡をかける事によって逆に視力を落としている(落とさなければ見えすぎて頭痛になる)。他にも、動物とすぐに仲良くなれる能力を持つ(単行本9巻で動物との会話能力があると書かれている)。外科手術が得意。
; [[深作欣二|深作]]葵(ふかさく あおい)
: コッペリオン保健係のムードメーカー。高1。ショートヘアの童顔で自称「美少女」と言い張っている。
: 食いしん坊でよくグチをこぼしている。その食欲は1個のおにぎりの為に小津姉妹の無茶な要求を呑もうとする程。性格は明るく、沈みがちな[[場の空気|空気]]でも和ませる。成瀬荊を尊敬しているが、その反面、気弱で役に立てない自分にコンプレックスを抱いている。
 
=== 掃除係 ===
; [[黒澤明|黒澤]]遥人(くろさわ はると)
: コッペリオン掃除係のリーダー。高3。髪や瞳の色素が薄く、ハーフめいた容貌。女性編成の保健係に対し、掃除係唯一の男子。常に冷静で洞察力も鋭く、他のコッペリオンに比べ、人間に対し不信感を持っている。しかし本気で人間を救おうとする荊達を見て、歌音に「コッペリオンの心を失った」と称される程に変わり始めている(都心の原発開発とその後の事故による根本的な矛盾に気づいた影響も大きい)。大阪の自衛隊学校時代から成瀬荊に好意を抱いていた様である。7巻で第一師団の発砲から梶井五次郎を庇って負傷。
: 重火器や装甲車の扱いに優れ、戦闘能力は非常に高い。特技は爆弾作りで人を殺す事にためらいがない。クセなのか爆弾をよくいじっている。葵からは「いつも理科室で変な実験ばかりしている怖い先輩」だと思われていた。三島教頭との会話からコッペリオンの寿命が短命である事も察していた。<!--等、何らかの事情を知っている様。-->
<!--: 第3部においてエーテルを製造したのが彼であること、自衛隊基地に自身の研究室を持っていたこと、さらには'''Dr.コッペリウスのクローン'''であることが判明。製造コードは'''C-1'''であり、最初に作られたコッペリオンである。-->
; [[小津安二郎|小津]]姉妹(おづしまい)
: 3年生のコッペリオン掃除係。2人とも小津句音(後述)の[[クローン]]、すなわち本来は同一人物だが、「黙っていれば美人だが、その言動や表情は粗暴で凶悪そのもの」、「もはや人間とはいえないほど改造強化されている」という点以外、あまり似ていない。
:; 小津歌音(おづ かのん)
 
=== 救出班・政府関係者 ===
; [[三島由紀夫|三島]]鬼兵(みしま おにへい)
: コッペリオンを育成していた特別工科学校の教頭兼指揮官。階級は一等陸佐。
: 厳しさの中に優しさのある人物。誰よりコッペリオンのメンバーの安否を気遣っている。実は、お台場の原発事故によって妻と幼かった娘を亡くしている。
; [[井伏鱒二|井伏]](いぶせ)
: 大阪の特別工科学校の教師。階級は一等陸尉。三島教頭の部下で軽口が多いが、いざという時には行動的。自称「京都の頼れるアニキ」。
; [[武者小路実篤|武者小路]](むしゃのこうじ)
: 陸上自衛隊に所属する研究者。食欲旺盛で、三島教頭の無茶な要求を食の誘惑に駆られて呑む事も多い。
: 普段は臆病だが、一度ノるとどこまでも暴走する性格で、第三部ではその勢いで意外な活躍を見せる。
; [[夏目漱石|夏目]]総理(なつめそうり)
: 日本の[[内閣総理大臣]]。政権の支持率や国の体面を第一とし、コッペリオンの活動や放射能に対しては無知に等しい。過去の原発事故で、盟友の国木田率いる第一師団を見捨てた事が内心負い目になっている。
; [[森鴎外|鴎外]]官房長官(おうがいかんぼうちょうかん)
: 日本の[[内閣官房長官]]。いつも嫌味な言い回しだが、非常に頭の切れる人物。
<!--: 第三部において世界にコッペリオンの存在を公表し、核戦争時に大いに役にたつ「兵器」として売り込む。そしてデモンストレーションとして、世界同時中継でフォッスルノイド(後述)と葵を戦わせる。-->
 
=== 第一部ゲスト ===
; [[谷崎潤一郎|谷崎]]平次(たにざき へいじ)
: 第一話で最初に登場した生存者。
: 劇中何の説明もなく、廃墟と化した[[府中市 (東京都)|府中市]]で、防護服姿のままで重度の放射線障害で行き倒れているところを、荊に救われる。その後のストーリー展開で、東京がメルトダウンで滅亡したこと、荊たちがコッペリオンであることが明らかになっていく。
; [[川端康成|川端]]満男(かわばた みつお)
: 府中の生存者。妻雪子、娘未来とともに地下にシェルターを築いて生き延びていた。
: 実は[[府中刑務所]]の囚人で、メルトダウンに乗じて集団脱走した…のはいいが行くところもなく、「何者か」の手を借りて東京にとどまっていた。
; 川端未来(かわばた みく)
: 川端の娘。亡き実母の墓参りに、集団墓地と化した[[東京競馬場]]へと飛び出していってしまう。しかし、東京競馬場は[[ストロンチウムの同位体|ストロンチウム90]]に汚染された人骨が堆積する、防護服を着ていても耐えられない高濃度汚染地帯でもあった。
; [[司馬遼太郎|司馬]]伝次郎(しば でんしろう)
: メルトダウンを引き起こしたお台場原発の設計責任者。メルトダウン後、行方不明とされていた。だが、死都となった東京で生存者への防護服や食料の配給を行い、ライフラインを整えていた。
; あやめ婆さん
; 黒べえ親方(くろべえおやかた)
: [[鳶職]]「三鷹組」の親方。口が悪い。[[三鷹市]]にある[[宇宙航空研究開発機構]] (JAXA) の環境シミュレーション施設を改造した大規模なシェルター「プラネット」に住んでいる。
; [[石川啄木|石川]]源内(いしかわ げんない)
: 修理屋。黒べえ達の住むプラネットの太陽光発電や水力発電等を作り上げた人物。常にマスクを被っている。短時間でノーセンスを戦闘用に改造したりする等、腕は確か。武蔵野電鉄作戦において車輌を改造に成功するが、第一師団が高レベル放射性廃棄物を風に乗せて起こした「死の風」から仲間を庇い、被曝した。
; [[梶井基次郎|梶井]]息吹(かじい いぶき)
: プラネットに住む生存者。10ヶ月目に入っている妊婦。夫は第一師団の兵士。
; 梶井五次郎(かじい ごじろう)
 
=== 第三部ゲスト ===
; [[円谷英二|円谷]]真奈(つぶらや まな)
: 「失敗作」として「廃棄処分」されたはずのコッペリオン2年生の生き残り。
: 放射能に耐えるどころか、防護服が通用しないほど強力な[[中性子]]を放ち、空中浮遊・念動力・ビルをも砕く高温プラズマ攻撃・ミサイルをも弾くバリアなど、葵と同種の超能力の持ち主で、しかも自らの意思で自在に能力が使える。異様に無口だが心優しい性格で、花や蝶を愛でるのが好き。だが、その花や蝶が己の中性子に耐えられずに絶命していく様を見て涙していた。
: 葵の能力に対して再三「[[暗黒物質]](ダークマター)」という言葉を発している。<!--おり、「同族」ゆえに何かを知っている模様。-->
; [[市川昆|市川]]迷砂(いちかわ めいさ)
: [[東京都庁]]で真奈を裏から操っていた2年生。
: [[強い相互作用|核力]]を操ることで自らの体を変幻自在の流砂状に「素粒子分解(ブレイク)・再構成(リロード)」する能力を持ち、いかなる物理攻撃も受けつけず、またそれを回避困難な攻撃に利用することも可能。しかし、衣服を再構成する事はできないため、能力発動時は常に全裸になる。また、真奈と同様に強烈な中性子を常に放っている。なお、左目の瞳には[[放射能#放射能標識|放射能マーク]]が描かれている。<!--おり、ここが能力を使う際の核になっている模様。-->
: 2年生とともに開発され、そして2年生とともに「廃棄処分」された実験動物で、これも放射線耐性を持つコッペリオンの一種である。そのせいか「仲間」の2年生、特に真奈に深く懐いている。
: それぞれ二股に分かれた2本の触手を持つ超巨大な[[ミジンコ]]の姿をしているが、体内の内臓や背骨は人間を連想させる。巨体・怪力・そして飛行能力と再生能力を持つ怪獣で、真奈とともに荊たちを追い詰める。
; [[与謝野晶子|晶子]](あきこ)
: 渋谷シェルターの生存者で、そのシェルターのゴッドマザー。ニューハーフであり、肥満体型である。毒舌気味であるが、危機的状況で先に竜之介を避難させたりと、根は優しい人物。
; [[アイザック・アシモフ|アシモフ]]
: 渋谷シェルターの生存者。ガスマスクを装着し、ライフルを装備している。一般人であるが、かなりの身体能力がある。実は国籍不明の無免許の医者である。
; [[芥川龍之介|龍之介]](りゅうのすけ)
: 渋谷シェルターの生存者。小学生くらいの少年で、有栖の弟。姉の病気を治すために「亜ヒ酸」を探しに晶子やアシモフと新都銀行のシェルターに向かっていた。
; [[有栖川有栖|有栖]](ありす)
: 竜之介の姉。白血病を患っており、生きる気力を失っている少女。母親も白血病を患って亡くなっており、ある意味滅びゆく渋谷シェルターを象徴する少女。荊の説得もあり、段々と希望を取り戻しつつある。
; [[小林多喜二|多喜二]](たきじ)
: 晶子の知り合いの牧師。渋谷シェルターと決裂した新宿グループの生存者。
: 新都銀行の金庫内でただ一人生き残っていたが、ショック状態で混乱しており、自分だけ脱出しようとするも、キメラに喰われて消化されてしまう。
1,106

回編集