「ブランドン・ダックワース」の版間の差分

recordってどうに訳すのだろう
(recordってどうに訳すのだろう)
* [[東北楽天ゴールデンイーグルス]] (2012 - )
}}
'''ブランドン・ダックワース'''('''Brandon J. Duckworth''' , [[1976年]][[1月23日]] - )は、[[東北楽天ゴールデンイーグルス]]に所属する[[プロ野球選手]]([[投手]])。[[アメリカ合衆国]][[ユタ州]][[ソルトレイクシティ]]出身。
 
== 経歴 ==
[[1998年]]から[[2001年]]に[[フィラデルフィア・フィリーズ]]の[[マイナーリーグ]]で投げた後、2001年にメジャーに昇格。[[2003年]]までの在籍中に15勝をあげた。フィリーズではファンから「鴨池」と呼ばれた。
 
2003年[[11月3日]]にマイナーリーガーの[[:en:Taylor Buchholz|Taylor Buchholz]]と[[:en:Ezequiel Astacio|Ezequiel Astacio]]と共に、[[ヒューストン・アストロズ]]の[[ビリー・ワグナー]]とトレードされた。二年間アストロズに在籍した後FA権を獲得し、[[2005年]]に[[ピッツバーグ・パイレーツ]]に移籍。しかしユニフォームを着ることなく[[2006年]]に[[カンザスシティ・ロイヤルズ]]に金銭トレードされた。
 
[[2008年]]1月にロイヤルズは[[:en:Brett Tomko|Brett Tomko]]を[[ロースター (MLB)|ロースター]]に加えるため、ダックワースに戦力外を通告。[[2月1日]]にAAAの[[オマハ・ロイヤルズ]]への降格を受け入れたと発表された。[[8月24日]]ロイヤルズに呼び戻され、最初の試合で5回自責点3で勝利投手となった。[[2009年]]10月にダックワースは自由契約となった。
 
2010年1月にはフィリーズの、12月には[[ボストン・レッドソックス]]のマイナーリーグに所属。
=== 楽天時代 ===
{{by|2012年}}7月30日、[[東北楽天ゴールデンイーグルス]]と契約したことが発表され、同日入団会見が行われた<ref>{{Cite web|url=http://www.rakuteneagles.jp/news/detail/2386.html |title=ブランドン・ダックワース選手との契約合意に関して |publisher=東北楽天ゴールデンイーグルス |date=2012-7-30 |accessdate=2012-7-30}}</ref><ref>{{Cite web|url=http://www.rakuteneagles.jp/news/detail/2388.html |title=「最大の強みは経験」ブランドン・ダックワース選手の入団会見 |publisher=東北楽天ゴールデンイーグルス |date=2012-7-30 |accessdate=2012-7-30}}</ref>。
1,106

回編集