「岩隈久志」の版間の差分

 
=== MLB時代 ===
{{by|2012年}}1月5日、[[シアトル・マリナーズ]]と年俸150万ドル+先発数20以上と投球回数140以上、タイトル受賞によって変動していく出来高340万ドルの1年契約を結んだ<ref>{{Cite web|date=2012-01-06|url=http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2012010600246&j4|title=岩隈、マリナーズ入り=イチローの所属球団、1年契約-米大リーグ|publisher=時事通信|accessdate=2012-01-06}}</ref><ref>[http://seattletimes.nwsource.com/html/marinersblog/2017171150_mariners_sign_starting_pitcher.html?syndication=rss Mariners sign starting pitcher Hisashi Iwakuma from Japan]The Seattle Times、2012年1月5日。</ref>。[[スプリングトレーニング]]では5試合の登板で防御率3.60、WHIP1.53の成績を残すも、先発ローテーション入りすることなく開幕を迎える<ref>[http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/f-bb-tp2-20120322-921214.html 岩隈は中継ぎで開幕、東京D巨人戦は先発]日刊スポーツ、2012年3月22日</ref>。しかし開幕から出番がなく、4月17日にはメジャー開幕ロースターに登録された全投手で登板のない唯一の選手となり、20日の[[シカゴ・ホワイトソックス]]戦の6回に3番手として登板しメジャーデビュー<ref>[http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/p-bb-tp2-20120422-938112.html ようやく岩隈!開幕15戦目の初登板]日刊スポーツ、2012年4月22日</ref>。その後はロングリリーフとして起用され、5月30日の[[テキサス・レンジャーズ]]戦では7回から3回を投げ5安打3失点、2四死球の投球でプロ入り後初となるメジャー初セーブを挙げる<ref>[http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/p-bb-tp2-20120601-960476.html 岩隈初セーブも記念球は川崎のせいで不明]日刊スポーツ、2012年6月1日</ref>。6月16日の[[サンフランシスコ・ジャイアンツ]]戦では同点の6回から2回無安打無失点の投球でメジャー初勝利を挙げる<ref>[http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/p-bb-tp2-20120618-969295.html 岩隈「希望」の米1勝]日刊スポーツ、2012年6月18日</ref>。7月3日に初めて先発として起用されると、31日に8回1失点で先発初勝利を飾った
 
== 選手としての特徴 ==
1,106

回編集